ReライフTOP読者会議展覧会ご招待

「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」にご招待 

【読者会議メンバー限定】10組20名様 名作椅子から建築作品まで一挙公開

更新日:2019年10月23日

 近代産業と科学は大量生産を可能とし、装飾美に代わって合理的な機能美を持つモダンデザインを生み出しました。やがて機能主義におさまりきらない卓越した作品が生まれていきます。そうしたデザインを生み出した人々の交流と作品は戦後、どのように育ち、受け継がれたのでしょうか。
 ブルーノ・タウト、井上房一郎、アントニン&ノエミ・レーモンド、インテリアデザイナー 剣持勇、家具デザイナーのジョージ・ナカシマ、彫刻家イサム・ノグチによる多彩な作品や資料を見せる展覧会「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」に、朝日新聞Reライフプロジェクトの読者会議メンバーの中から抽選で10組20名様をご招待します。
 応募締め切りは11月25日。当選者には11月末ごろにチケットを発送いたします。展覧会に関する事前アンケートにご協力ください。鑑賞後に感想を書いていただき、このサイトなどで公開します。


 ●モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展(パナソニック汐留美術館、2020年1月11日~3月22日開催)

 パナソニック汐留美術館の「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」は、デザインと手仕事が生活を変えた流れを、多くの作品や資料から通覧する展覧会です。1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)が顧問に招かれて剣持勇(1912–1971)らの指導にあたりました。また建築家アントニン・レーモンド(1888–1976)とインテリア・デザイナー ノエミ・レーモンド(1889–1980)夫妻が、高崎の芸術文化を支援する実業家・井上房一郎(1898–1993)と出会ったのも同じ年でした。
 翌年、井上はタウトを高崎に迎え、銀座に出店した家具工芸店「ミラテス」でタウトがデザインした工芸品を販売します。この時代、世界そして日本各地で、モダンデザインに託して新しい上質な暮らしを夢見た人々の交流がありました。近代産業と科学は大量生産を可能とし、装飾美に代わって合理的な機能美を持つモダンデザインを生み出しました。
 国際的に普及していくモダンデザインを、日本の暮らし方や風土になじませようと模索する日本の工芸関係者のまなざしと、世界的な建築家やデザイナーが、日本建築と意匠に近代性を見出したまなざしは重なり合うものでした。そのなかから、やがて機能主義におさまりきらない卓越した作品が生まれていきます。
 かれらの夢は、戦後どのように育ち受け継がれたのでしょうか。ブルーノ・タウト、井上房一郎、アントニン&ノエミ・レーモンド夫妻、インテリアデザイナー 剣持勇、家具デザイナーのジョージ・ナカシマ、彫刻家イサム・ノグチによる1930-60年代の工芸品、家具、建築の図面、模型、写真など多彩な作品資料約160点をごらん頂けます。

〈プレスリリースの「開催概要」より〉

 ※美術館ホームページ:https://panasonic.co.jp/ls/museum/

この企画は「Reライフ読者会議」メンバーを対象にしています。新たに登録を希望する方は、こちらの読者会議ページで、詳細や活動内容をお読みの上、ご登録をお願いします。

※すでにメンバー登録がお済みの方は下記「プレゼントに応募する」ボタンよりご応募ください。

Reライフスペシャル

関連記事

展覧会ご招待の関連記事

PAGE TOP