ReライフTOP読者会議試写会参加者募集

【試写会ご招待】この道/舞台挨拶つき 

【商品モニター会メンバー限定】試写後に感想を執筆できる方10組20名様

更新日:2018年10月15日

 日本で初めての児童文芸誌『赤い鳥』が創刊して100年になる本年、数々の童謡を生み出した詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰のコンビを主人公にした映画『この道』が制作されました。アンケートにご協力いただいた読者会議メンバーの中から、10組20名様を11月11日(日)に東京・日比谷で開かれる試写会にご招待します。出演する大森南朋さん、AKIRAさん、貫地谷しほりさんらのほか、佐々部清監督が登壇する舞台挨拶も予定されています。試写会の日時・場所などの詳細は、当選ハガキの発送をもって通知します。
 鑑賞後、この映画についての200300字程度の感想を執筆いただきます。応募された商品モニター会メンバーご自身がお書きください。詳しくは募集要項をご覧ください。

〈試写会〉
・日時:2018年11月11日(日)午後
・登壇予定者:大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、羽田美智子、佐々部清監督
・場所:東京・日比谷


〈映画「この道」について〉
 1952(昭和27)年、神奈川県小田原市で、「北原白秋 没後十周年記念コンサート」が開かれ、白秋が作詞した童謡『この道』が少女合唱隊とオーケストラによって演奏される。指揮をするのは、この曲を作曲した山田耕筰AKIRAだ。コンサート終了後、若い女性記者から白秋がどんな人物だったかを尋ねられ、耕筰は二人の出会いと交流を回想するのだった。
 北原白秋(大森南朋)は、明治40年代に『邪宗門』、『思ひ出』と次々と詩集を出版し、その郷愁に満ちた作風が高く評価された人気詩人だった。しかし、1912(大正元)年に隣家の人妻との姦通罪で逮捕され、その名声は一気に墜ちてしまっていた。
 文学者・鈴木三重吉(柳沢慎吾)が1918(大正7)年に児童文芸誌『赤い鳥』を創刊すると、白秋は鈴木の紹介で山田耕筰と知り合い、『からたちの花』や『この道』など名曲を発表し人気の作詞・作曲コンビになっていく。だが、2人にはあの戦争の暗い影が忍び寄ってきていた。

(c)2019 映画「この道」製作委員会

 2019年111日(金)より全国ロードショー。105分/2018
〈公式ホームページ〉https://konomichi-movie.jp/

 この企画は「Reライフ読者会議/商品モニター会」メンバーを対象にしています。登録がお済みでない方は、下記の「読者会議メンバーに登録する」ボタンを押して、お手続きをお願いします。読者会議の詳細や活動内容は「読者会議とは? 最新の活動報告とメンバー登録」ページでご確認ください。

※すでにメンバー登録がお済みの方は下記「申し込む」ボタンよりご応募ください。

募集内容 映画「この道」の試写と感想の執筆
募集期間 201810月15日(月)~20181029日(月)
詳細

(1)試写会について
・開催日時/場所
 201811月11日(日)午後
 東京・日比谷
 ※途中入場はできません。詳しい開催時間、場所は当選ハガキの発送をもって通知します。
 ※舞台挨拶が予定されていますが、登壇者は予告なく変更となる場合があります。

・募集人数
 10組20名様 
 ※応募には「読者会議/商品モニター会」へのメンバー登録が必要です。

・参加費用
  無料

(2) 感想の執筆について
 200~300字程度で感想をお書きいただき、11月22日(木)までにメールでお送りいただきます。読者会議メンバーご自身が、感想をお書きください。この批評・感想の一部は、読者会議メンバーに登録時のお名前で、ウェブサイトや紙面などで紹介させていただく予定です。詳細は、当選通知の際にご連絡します。

応募方法 末尾の「申し込む」ボタンを押し、必要事項をご記入ください。
メールアドレスや住所、電話番号などの必要事項は正確にご入力ください。
選考方法 Webの応募フォームでご回答いただいた内容をもとに、Reライフプロジェクトで当選者を選びます。当選者には11月6日(火)までにメールでご連絡いたします。
応募条件 ・ご応募はお一人様につき1回のみとさせていただきます。
・読者会議メンバー/商品モニター会限定企画です。メンバー登録せずに申し込みをされても、選考対象になりません。また、必ず下記の注意事項をご確認のうえ応募をお願いします。
・連絡先が不明等の理由により連絡ができない場合は、当選の権利が無効となる場合があります。また、応募内容が事実と異なった場合、当選を取り消すことがあります。アンケートには正確にお答えいただくようお願いいたします。
・応募者多数の場合、ご参加いただく方のみにご連絡を差し上げます。何卒ご了承ください。
注意事項

【注意事項】
・読者会議メンバーにご登録いただいた方には今後、Reライフプロジェクトのイベントや講座、コンテンツ紹介などの情報を記載した「Reライフメール」と「読者会議メール」を定期的に配信いたします。
・執筆いただいた感想のほか、試写会当日にご協力をお願いする可能性のある写真撮影、インタビューなどは、朝日新聞社が記録用として保存するほか、発行する各種媒体・広告や、運営するインターネットサイトで公開・使用したり、商品の販売促進のツールとして活用させていただいたりします。また、個人が特定できない形で本映画の配給会社が広報宣伝活動に利用・公開させていただくこともあります。応募時のアンケートも個人が特定できない形の統計データとして、同様に使用する場合があります。

【個人情報の取り扱いについて】
お預かりした個⼈情報は、試写会にご参加いただく方の選考や読者会議の案内などの発送のほか、朝⽇新聞グループ(当社、当社グループ企業、ASAなど朝⽇新聞を取り扱う新聞販売所)が、(1)商品・サービスの配送・提供・案内や改善・開発等の調査(2)催物案内(3)提携企業等提供の商品・サービス・催物の案内やプレゼント、アンケート類の送付⽬的で、当社ホームページに掲載された個人情報保護方針に従い、共同利⽤します。

お問い合わせ お問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いします。
メールアドレス: relife-info@asahi.com

イベントの参加申し込みは終了しました

Reライフスペシャル

関連記事

試写会参加者募集の関連記事

PAGE TOP