ReライフTOP読者会議読者会議メンバー限定企画

がんを通じて知る命の尊さ~未来に思いをつなぐ~ 

【読者会議メンバー限定】日本対がん協会×朝日新聞Reライフ 特別セミナー

更新日:2018年12月25日

 朝日新聞Reライフプロジェクトと日本対がん協会は、がんの体験談を通じて命の尊さを共有し、次の世代に自分の思いをつなぐ方法を考える特別セミナーを2019年2月3日、朝日新聞東京本社で開催します。日本人の2人に1人はがんになると言われる時代。がんや社会貢献に関心がある方は、ぜひご参加ください。参加は無料です。

 講演では、乳がんを患った経験があり、歌手で文化人として多方面で活躍されるアグネス・チャンさん、遺贈寄付に詳しい鵜尾雅隆さんに登壇していただきます。ぜひ会場に足をお運びください。


登壇者の顔ぶれ

●第1部トークショー アグネス・チャンさん
「がんを通じて知る命の尊さと次世代に託す思い」 

 がん体験者でもあり、日本対がん協会の「ほほえみ大使」として多方面で活躍されているアグネス・チャンさんをお招きし、ご自身の体験をはじめ、そこから芽生えた社会貢献の思いやご家族をはじめ次世代に引き継ぎたい思いなどをお話ししていただきます。

アグネス・チャンさん
 香港生まれ。1972年「ひなげしの花」で日本デビュー。89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。94年、教育学博士号取得。2018年春に旭日小綬章を受勲。芸能生活に加え、エッセイスト、日本ユニセフ大使、日本対がん協会「ほほえみ大使」など文化人としても幅広く活躍中。

●第2部トークショー 鵜尾雅隆さん
「人生の集大成として次世代に思いをつなぐ『遺贈』とは」 

 自分や家族が苦しんだ病気の撲滅に役立てて欲しいなど、自らの思いを次世代に残す手段として「遺贈」に注目が集まっています。国内の寄付意識の高まりなど社会的な背景とともに「遺贈」についてお話しをしていただきます。

鵜尾雅隆(うお まさたか)さん
 認定NPO法人日本ファンドレイジング協会代表理事。全国レガシーギフト協会副理事長、寄付月間推進委員会事務局長。1968年生まれ。JICA、外務省経済協力局等を経て、08年、NPOやソーシャルビジネス向けコンサルティングを行う株式会社ファンドレックスを創設。09年、寄付文化の発展を目指して日本ファンドレイジング協会を創設し、12年から現職。『ファンドレイジングが社会を変える』(三一書房)など著書多数。近著に『寄付をしてみよう、と思ったら読む本』(日本経済新聞出版社、共著)。

●第3部パネルディスカッション アグネス・チャンさん 鵜尾雅隆さん
 
 様々な支援活動をされ、ワールドワイドな視点をお持ちのアグネス・チャンさんとNPOでの活動をはじめ実践の場で活躍されてきた鵜尾雅隆さんを交え、未来へつなぐ支援のカタチについて話し合います。会場の皆様からの質問にもお応えします。

募集要項

募集内容 読者会議メンバー限定 日本対がん協会 × 朝日新聞Reライフプロジェクト特別セミナー
がんを通じて知る命の尊さ~未来に思いをつなぐ~
主催 日本対がん協会、朝日新聞Reライフプロジェクト
日時 2019年2月3日(日)12:30開場 13:00開演(15:30終了予定)
プログラム概要

第1部 アグネス・チャンさん
「がんを通じて知る命の尊さと次世代に託す思い」

第2部 鵜尾雅隆さん
「人生の集大成としての社会貢献『遺贈』について」

第3部 パネルディスカッション(アグネスさん、鵜尾さん)

場所 朝日新聞東京本社(東京都中央区築地5-3-2)
定員 100名
入場料 無料
応募締め切り 1月14日(月)
応募方法 末尾の「申し込む」ボタンを押し、必要事項をご記入ください。メールアドレスや電話番号など必要事項は正確にご入力ください。当選者の発表は、当選者への通知をもってかえさせていただきます。
参加条件と注意事項 ●参加条件
・ご応募はお一人様につき1回のみとさせていただきます。
・読者会議メンバー限定企画です。メンバー登録せずに申し込みをされても、参加対象になりません。
・お客様の連絡先が不明等の理由により連絡ができない場合は、当選の権利が無効となる場合があります。
・ご応募いただいた方の中から、参加者を選ばせていただき、当選の方には順次メールで、1月18日(金)ごろまでにご連絡する予定です。当選発表は当選メールをもってかえさせていただきます。
・当日は、当選メールを印刷したもの、または携帯電話などの画面で当選メールをお見せいただき、受け付けを行います。応募完了時に送信する受領確認メールは当選メールではありませんのでご注意ください。
●注意事項
 ・ 読者会議メンバーにご登録いただいた方には今後、Reライフプロジェクトのイベントや講座、コンテンツ紹介などの情報を記載した「Reライフメール」と「読者会議メール」を定期的に配信いたします。
・当日の模様や参加されるみなさまの表情などを写真や動画で撮影したり、インタビューさせていただいたり、アンケートをお願いすることがあります。これらの情報を、朝日新聞社は記録用として保存するほか、朝日新聞社が発行する各種媒体・広告や、運営するインターネットサイトで公開・使用したり、商品の販売促進のツールとして活用させていただいたりします。

【個人情報の取り扱いについて】
・お預かりした個人情報は、Reライフプロジェクトの案内などの発送のほか、朝日新聞グループ(当社、当社グループ企業、ASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)が、(1)商品・サービスの配送・提供・案内や改善・開発等の調査(2)催し物案内(3)提携企業等提供の商品・サービス・催し物の案内やプレゼント、アンケート類の送付目的で、当社ホームページに掲載された個人情報保護方針に従い、共同利用します。
お問い合わせ  お問い合わせは、下記メールアドレスへお願いします。
メールアドレス: relife-info@asahi.com

イベントの参加申し込みは終了しました

Reライフスペシャル

読者会議メンバー限定企画の関連記事

PAGE TOP