ReライフTOP読者会議読者会議メンバー限定企画

「第2の人生」を前に考える、我が家の片づけ 

読者会議メンバー限定/第3回 読者会議サロン 11/19(火)開催

更新日:2019年10月23日

 あなたのお住まいは快適ですか? 子どもの独立、そして定年と、ライフステージが変化すれば、快適な住まいのかたちや、様々なモノとの付き合い方は変わってきます。でも、日々の忙しさにまぎれて、暮らしのモデルチェンジはなかなか進まないものです。
 家を出た子どもの部屋がいつまでもそのままだったり、使用頻度の低いものをしまっていた押し入れがいつの間にか「開かずの間」と化してしまったり。第2の人生をいつまでも快適に過ごすためにも、まだ体力のある50~60代のうちに、家の中の整理をしておく必要があります。

 読者会議メンバー限定の連続企画「読者会議サロン」3回目のテーマは「我が家の片付け」です。同年代が集う読者会議サロンで、専門家から学んだり、読者同士で情報交換したりしながら、我が家を快適な空間に整える方法を考えてみませんか。

 今回登壇する専門家は、Reライフ.netで「 近藤典子の終活? 収活!」を連載した住まい方アドバイザーの近藤典子さん。
 過去の連載で近藤さんは、実家の片付けを通して親の人生を親子で共に振り返り、その余生を落ち着かせ、より良いものにする「収活」という取り組みを提唱されました。今回は、家の中にあふれる様々なモノと改めて向き合いながら、人やモノとの「縁」を見直して結び直す「縁活」の進め方を指南していただきます。


 開催は11月19日(火)午後4~6時、場所は東京・築地の朝日新聞東京本社。応募締め切りは11月10日。定員100名(応募多数の場合は抽選)。入場無料です。

 当日、読者会議サロンの模様をリポートしていただく「読者リポーター」を若干名募集します。リポートが記事に掲載された場合、謝礼(クオカード2000円分)を差し上げます。
 受付や会場準備など運営のお手伝いをしてくださる運営スタッフも同時募集中。奮ってご応募ください。


この企画は「Reライフ読者会議メンバー」を対象にしています。新たに登録を希望する方は、こちらの読者会議ページで、詳細や活動内容をお読みの上、ご登録をお願いします。

※すでにメンバー登録がお済みの方は下記「申し込む」ボタンよりご応募ください。


イベントの参加申し込みは終了しました

Reライフスペシャル

関連記事

読者会議メンバー限定企画の関連記事

PAGE TOP