ReライフTOP読者会議最近の活動リポート

本好きだからこそ整理できない悩みが.... 

【読者会議/商品モニター会イベント】本の整理や保管に関する座談会

更新日:2018年09月26日

 本が大好きな読者会議メンバー6人が参加した「本の整理や保管に関する座談会」(協賛:東京書庫株式会社)が6月18日、朝日新聞東京本社で開催されました。 

 今回は参加者を募集する際に書籍の保管に関する悩みをアンケートし、108人から回答がありました。「どこに収納したかわからない」約5割、「要不要の区別がつかない」約4割、「本が傷むことが心配」約4割など悩みを抱える状況が浮き彫りになりました。

 座談会では、このアンケート結果を紹介しながら、自宅の本棚の様子を語ってもらいました。

 入りきれずに部屋中にあふれ座る場所までなくなっていたり、廊下や屋根裏まで蔵書で埋まるなど深刻な状況が明らかになりました。だからといって蔵書を減らすのも難しいようで、両親が買ってくれた思い出の本や子どものころに好きだった文学は「もう一度読み返したいので、なかなか処分できない」といった声が上がりました。

朝日新聞Reライフプロジェクトでは、人生100年時代ならではの悩み・課題を解決したり、人生を楽しむための商品・サービスの体験会を、企業の皆様と企画しています。コラボレーションのお問い合わせは、relife_biz@asahi.comへお願いします。

企業とのコラボ&商品体験会の連載

最近の活動リポートの関連記事

PAGE TOP