ReライフTOP読者会議最近の活動リポート

90年代にフラッシュバック 記憶を呼び起こす音楽の力 

読者会議メンバーがみた映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」後編

更新日:2018年10月01日

 映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の音楽は、90年代に音楽シーンを席巻した小室哲哉さんが担当しました。原作の韓国映画が日本でヒットした記憶も懐かしい。読者会議メンバーによる試写の感想・後編は、単に共感するだけではないちょっと違った視点からの意見も紹介します。 

(C) 2018「SUNNY」製作委員会

■「熱い時代」改めて感慨深く

 1990年代に女子高校生だった少女たち一人ひとりがどのように変化していったかが一番興味深く、最後まで飽きさせない。ある意味で予定調和的な終わり方であり、現在と過去の登場人物たちが全員そろってのダンスはご愛敬だが、改めてあの頃は熱い時代であったこと、今はおとなしくちょっと冷めた時代になってしまったことを感慨深く思った。(千葉県 田中律子さん 60代)

 ■「昔の友人に会う」状況とは

 充実した高校時代を送っていたからこそ、当時の友人と会いたいと思ったのだろう。しかし、この映画のように現在の生活が、ある程度余裕がないとなかなか昔の友人に会えないものですし、今が充実していると昔の友人に会おうとも思わないのかもしれません。(京都府 西尾真佐子さん 50代)

■「自由でおおらか」うらやましく

 私の高校時代とはずいぶんと違うものだなと思いながら、最初のほうはおっかなびっくりでしたが、懐かしい音楽が次々と流れる中で私にもいろいろあったことを思い出していました。キラキラと輝く彼女たちを見ているうちに、その自由でおおらかな生き方がうらやましく、私もそんな高校時代を送りたかったなと思いました。(東京都 松宮啓恵さん 50代) 

■明日への希望持たせる音楽の力

 コギャルたちの迫真に迫る演技がいちばん強烈に心に残った。当時の社会現象は後世に語り継がれていって欲しいと願いますが、きっと淘汰(とうた)されてしまうのだろうと考えると悲しいです。小室と安室の引退が残念でなりませんが、平成に区切りをつけて新しい時代にも希望を持っていこう! と思わせてくれる音楽の力を感じました。(東京都 塩見ミユキさん 50代)

 ■BGMに「子育て」フラッシュバック

 映画のバックに流れる音楽は、私にとっては子育ての息抜きに聴いた曲の数々。その音楽がストーリーには欠かせないものだと実感しました。それぞれの人生を歩み、再会を果たした30代の女性たち……びっくりするくらい高校生の面影がある素晴らしいキャスティング。笑顔になって「楽しかったね♪」と言って帰れる映画でした。(埼玉県 国井眞紀子さん 60代)

 66歳を圧倒したコギャルパワー

 コギャルには縁もなく関心もなかった66歳の私が、ただ90年代の音楽が好きというだけで試写会に申し込んだ。コギャルブームに沸いた1990年代に青春を謳歌(おうか)した女子高校生たち。おおらかで明るくてにぎやかで、うるさいほどにしゃべりまくる。言葉遣いも態度も決していいとは言えないのに、それが気にならないほどの強烈なパワーで、66歳の私を圧倒した。彼女たちの大人になった20年後の姿と高校時代が交差しながら物語は進むが、観ているうちに、いつしか、自分の青春時代を振り返り、今の自分を見つめなおしていた。(奈良県 野村尚子さん 60代)

 ■映画の伝えたいことは?

  時代背景の歌や日々の楽しいやり取りには笑わせていただいたし、それぞれのキャストはキラキラしていてなかなか楽しかった。だだ映画自体映画そのものが伝えたかったことは何だったのだろうか?
 韓国版のリメイクだということなので、ストーリーに関してはとりたててあれこれいうべきでもないものかもしれない。映画が公開され、広く一般に受け入れられて、高評価のようだ。同世代を生きてきた若い人達にはハマる映画らしい。(大阪府 岩竹由紀子さん 50代)

■久しぶりに聞いた共感の声

 原作である韓国版をしっかりリスペクトしていたことがうれしかった。韓国版で出てきたエピソードが一つひとつ思い出され、そこに90年代の小室音楽が私を大根監督映画に引っ張り込む。大根監督のギャグに声を上げて笑った。同じように、なんとたくさんの人が声を上げて笑っていたことか。映画館でこんなに共感の声を久しぶりに聞いたと思う。時代が違っても高校時代に戻っている自分がいた。(東京都 北村明美さん 60代)

■面白さ、期待以上!

 2011年に韓国で製作されたオリジナルのSUNNYを見たことがあったのでとても楽しみにしていました。期待以上に面白かった。笑いあり、涙あり、女子高生役と現在の役の方々が本当にそっくりで感心しました。広瀬すずさんが演じたコミカルなシーンでは、はらわたがよじれるかと思いました。50代の私ですらあれだけ楽しめたのですから、90年代に女子高生だった人たちはどハマリすると思います。(千葉県 光吉悦子さん 50代)


(C) 2018「SUNNY」製作委員会
 8月31日(金)より全国東宝系にてロードショー。

 〈キャスト〉篠原涼子 広瀬すず 小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美 池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生 三浦晴馬 リリー・フランキー /板谷由夏
  119分/(C) 2018「SUNNY」製作委員会
〈公式ホームページ〉http://sunny-movie.jp

Reライフスペシャル

関連記事

最近の活動リポートの関連記事

PAGE TOP