ReライフTOP読者会議最近の活動リポート

言葉使い、長年の勘違いを脳トレ本で発見 

「朝日脳活ブックス おとなの語彙力」を読んで/連載・ひとことブックレビュー

更新日:2019年09月12日

 脳トレ本として「朝日脳活ブックス 思いだしトレーニング おとなの語彙力」に挑戦した読者会議メンバーから感想が届きました。埼玉県の則行庸子さんは「この本をボランティア活動に役立てたい」と言います

よもや、言葉の意味が逆だったとは

 「おとなの語彙(ごい)力」のトレーニングブックを読みだして、間違って使用していたり、反対の意味でとらえていたりしていた語彙があったんだと認識しました。一度ではすぐに忘れてしまうので、繰り返し再読して、正しく言葉を使っていきたいと思います。参加しているボランティアグループのレクリエーションに採り入れたいと思いました。(埼玉県 則行庸子さん 60代)

 このレビューは、毎月実施している「今月のプレゼント本」の当選者に感想を寄せていただいたものです。


 読者会議メンバーが読んだ本
朝日脳活ブックス 思いだしトレーニング おとなの語彙力
朝日脳活ブックス編集部 編著
出版社:朝日新聞出版

 「目鼻が利く」と「目端が利く」、どちらが正しい?――「語彙」「誤用」「敬語」「同音異義語の使い分け」「語源」などをテーマに、間違いやすい日本語の問題を500問以上収録。うろ覚えだった日本語の正しい意味や使い方がわかる脳トレ本。

ひとことブックレビューの連載

Reライフスペシャル

最近の活動リポートの関連記事

PAGE TOP