ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

定年後に夫婦関係が悪化した夫、3つの本音 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>定年後の夫婦関係

更新日:2017年04月09日

 定年後に夫婦関係が悪化するのはなぜか? 朝日新聞の朝刊Reライフ面で実施した「定年後の夫婦関係」に関するアンケートから、「関係が悪くなった」と答えた男性の回答を拾い出してみると、夫たちの本音が見えてきました。「顔をあわせる時間が長くなったが、会話がなく気まずい」「24時間顔をあわせるのは苦痛」や、逆に「会話が減った」などコミュニケーションに問題を感じているほか、主婦分野に口を出すことが関係悪化につながっていると感じる方もあった。

 4月9日付朝刊Reライフ面では、記者がこうした体験談をさらに深掘り取材し、「離れて自由 あえて『卒婚』」という記事にまとめています。


「金の切れ目が縁の切れ目」派

 ●収入がない、お金がないので、機嫌が悪い。(兵庫県 60~64歳)

 ●定年前とたいして変わらないが、女房が金銭などに無駄な不安を持つように(笑)。(神奈川県 60~64歳)

 ●稼ぎがなくなったせいか、妻の自由になる金が少なくなり不満があるようだ。(千葉県 65~69歳)

 ●現役時代は大事にしてくれていた。現在は自分本位? (神奈川県 80歳以上)


「顔あわせる時間が長くて苦痛」派

 ●24時間顔をあわすのは、お互いに苦痛。(愛知県 60~64歳)

 ●声をかけなくなった。(神奈川県 60~64歳)

 ●長年働いてきたことに対して感謝の意がないことに、これまでの人生が無駄なことのように思え会話が減った。(大阪府 60~64歳)

 ●自宅で顔をあわせる時間が長くなり、会話がないのでお互いが気まずい雰囲気。特に夕食の前はひどい。酒についても晩酌に文句を言われる。(神奈川県 65~69歳)


「妻とせめぎあい」派

 ●自分のパート仲間との遊びの方が楽しそう。(東京都 65~69歳)

 ●生活と趣味の不一致。(東京都 65~69歳)

 ●妻の行動が以前より目につくようになった。(埼玉県 75~79歳)

 ●主婦分野に口を出すようになったことが領域侵犯と受け取られているようだ。(埼玉県 80歳以上)

アンケートは、2月13日~3月10日にウェブのReライフページで実施。「定年後、夫婦関係は変わりましたか?」の問いには211人が回答。うち男性は146人、女性は65人だった。

アンケート「定年後の夫婦関係」に寄せられた興味深い体験談は「60歳すぎても『仲良し夫婦』の秘訣とは」にも掲載しています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。最新のReライフ面アンケートの詳細はこちらページでご確認ください。
 回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。あらかじめご了承ください。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

Reライフスペシャル

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

PAGE TOP