ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

ときめく相手は無限大 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>身近なだれかにときめいていますか?

更新日:2017年08月08日

  長年連れ添った妻や夫に、仮想世界の異性にドキマギしてしまう。読者会議アンケート「ときめいていますか?」を紹介する3回目(最終回)は、ちょっと意外な体験談です。身近なだれかに限定しても、ときめく相手は無限大に広がっているようです。


配偶者にドキッ!

●76歳の家内です。ルックスにも体格にも往年の美しさがよみがえりつつあります。いとこと会食して、いとこの奥さんが「美人ねえ。若いころは、もてもてだったでしょうね」のことばから変わり始めました!
 入浴美容体操、各種クリームが化粧台に並び……。半年後の今、往年とまではいきませんが、ほれ直す肢体になりつつあります。人生も晩年!楽しく生きたいものですね!(新潟県 男性 75~79歳)

●継続的にときめいている。というより、ときめく場面が最近ありました。夫は普段、見かけにまったく無頓着。ダンディーとはかけ離れた格好でどこにでも出かけるのが、久しぶりにやむを得ず正装をしました。といっても、いつもより丁寧にひげをそり、昔の背広に袖を通し、ネクタイをきちんと締めたに過ぎません。「どう?」と聞かれてマジマジと眺めると、そこに若かりしころのイケメンぶりをほうふつとさせる紳士姿。かなり「ドキ!」としました。
 これって、ケとハレの関係と似ていますかね。日常はつまりケ。その中にあってのハレ姿に思わずときめいたのでしょう。願わくば、もっと頻繁にときめかしてほしいものです。ちょっと(かなり?)オノロケで失礼しました。(愛媛県 女性 70~74歳)

●言葉べたな主人が、仕事帰りにスイーツなどの手土産を買ってくる時。私や娘たちの喜ぶ顔を思い浮かべて買っているんだろうな、と想像するだけで胸ときめきます。若い時代の、新しい人に出会うときめきとは違って、大切な人をお互いに思いやることが我々世代のときめきなのではないでしょうか。記念日に花束を買ってきてくれる時もときめきます。何年たっても恥ずかしそうに花束を渡してくれる姿にときめきます。(東京都 女性 45~49歳)


孫やペットにキュンキュン

●あきれられると思いますが、その相手はもうすぐ3歳になる孫です。産まれた瞬間から、自分の命よりいとおしくて一挙一動にときめいています。(山口県 女性 55~59歳)

●2歳の孫がいます。彼の成長ぶりに目を見張るものがあり、ときめく瞬間をもらっています。目をきらきら輝かせている姿を見たくて、一緒に出かけたり遊んだりしています。ばあばバカですね!(大阪府 女性 55~59歳)

●大変馬鹿馬鹿しいと承知していますが、愛犬にキュンキュンしています。可愛いんです。(兵庫県 女性 50~54歳)


大きくなっても

●今年4月から次男が同居することになりました。35歳独身、ハローワーク通いの次男とは、時々自宅周辺を一緒に6~7キロジョギングすることもあります。来春、世界一周の船旅に参加する予定で、ポスター貼りにもいそしんでいます。そんな彼を身近にみていると、私もときめいてきます。妻と2人きりの退屈な生活が変わりつつある今日この頃です。(静岡県 男性 65~69歳)

●次女です。最近結婚した次女が、本当に頼りない感じで優しいのだけが取りえという性格から脱して、社会に足をつけて生活している風に変わってきた。見間違えるほど生活感が出てきて、変われば変わるものだと感心している次第です。(千葉県 男性 65~69歳)


SNSや仮想世界を通じて

●SNSで知り合った1歳年上の女性です。趣味のプロレス観戦が一緒で、話していてとても楽しいです。できれば結婚したいです。(埼玉県 男性 40~44歳)

●趣味は御朱印集めです。友だちがフェイスブックに記事をアップするたびに、ねぎらいの言葉と幸運を願う言葉をくださいます。相手のことを思いやれる心の余裕がまぶしいです。(大阪府 女性 55~59歳)

●雪広うたこさんのイラストにときめいています!いろいろ探してB-PROJECTのアニメに、はまりすぎました。みんな奇麗です。(埼玉県 女性 50~54歳)

●仮想世界ですみません。スマホゲームの「後藤田嵐」にときめいています。毎日5話の進展ですが、イケメン俺様社長、でも懐の深さや愛情にやられています。(神奈川県 女性 55~59歳)

 アンケートは、6月9日~7月6日にウェブのReライフページで実施。「最近、身近なだれかにときめいていますか?」という問いに213人が回答した(49歳以下22%/50代38%/60代28%/70代10%/80歳以上2%)。8月6日付朝刊Reライフ面ではさらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】ときめきは自分へのご褒美」という記事にまとめています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。最新のReライフ面アンケートの詳細はこちらページでご確認ください。
 回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。あらかじめご了承ください。

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

PAGE TOP