ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

子育ての常識が変わった? 祖父母世代が戸惑う「叱る」問題 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>育児の常識の変化を感じたことはありますか?

更新日:2017年08月20日

  朝刊Reライフ面の読者にウェブアンケートで「育児の常識の変化」を聞いたところ、さまざまな体験談や意見が寄せられました。このテーマはシリーズでお届けします。初回は、特に目立った、子どもを叱らない親への反発や戸惑いです。


「自由」と「野放し」の差は

●スーパーマーケット内で鬼ごっこをする我が子を、見て見ぬふりをしておしゃべりに夢中になる若いお母さん。他のお客さんに迷惑がかかることより自分のことを優先しています。子どもをちゃんと叱ることを知りません。(兵庫県 女性 55~59歳)

●電車の中で騒いでいる我が子をたしなめもせずそのままにしておく親。周りが迷惑しているのを気づかないのでしょうか。(千葉県、男性  70~74歳)

●「叱る」ことがなくなったと思います。我々は、子どもが他人さまに迷惑をかけたら所構わず叱っていました。いまは、他人に迷惑をかけても黙ってそのまま立ち去る場面が多く、(周囲に)不満そうな顔をされると逆ギレする親もいます。どう接していけばいいのか悩みます。(東京都 男性 55~59歳)

●「叱ってはいけない、ダメって言ってはいけない」と注意された。最低限のしつけを育児の現場ではどうとらえているのか。自由と野放しは違うと思う。(千葉県 女性 55~59歳)

●しつけについて自由すぎてどこまで言っていいのか戸惑います。(静岡県 男性 65~69歳)


親の威厳はどこへ

●親の威厳を感じなくなった気がします。(東京都 女性 55~59歳)

●最近の子育てというのは、良い意味で仲良くというか、親の威厳というようなものは全くない。親子も友達のようでないと子どももついていかないかな、という感じに驚いている。(千葉県 男性 65~69歳)

●個性を大切にするとか言って、まるで親が子どもに遠慮をしているかのように自由奔放にさせている。(愛知県  女性  55~59歳)

●子どもが王様やお姫様で、親はそれに従う従者みたいですよね。親が子どもに振り回されている気がします。(兵庫県  女性  50~54歳)


冷静さが大事

●公衆の場所で、大声で子どもを叱る?ご本人は叱っているという意識なんでしょうが、なぜいけないのか冷静に言い聞かせれば子どもだって分かります。感情で怒鳴っているようで聞き苦しいです。(埼玉県  女性  55~59歳)


小さくても、きちんと説明

●(息子夫婦の子育てに)変化を感じたことがある。(1)子どもたちにいわゆる「幼児語」を使っていない。「何がどうした、どうする」をきちんとした会話で子どもに接している。子どもに「理由を説明する」場面が多くみられる。(2)その時々の親の気分で物事を進めるのではなく、子どもの意思を確認しながらひとつひとつ前に進めていくやり方が見られる。例えば、ホテルのビュッフェなどで、「ポテトを食べる?」と2歳半の子どもの気持ちを確認している。押し付けはない。時間や様々な制約があれば、親が適当に選んでトレーに載せるところだが……(北海道 女性 60~64歳)

 アンケートは、6月9日~7月6日にウェブのReライフページで実施しました。「娘・息子世代の子育てを見ていて、育児の常識の変化を感じたことはありますか」という質問に自由記述で129人(49歳以下12%/50代40%/60代33%/70代15%)が答えました。8月20日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】今どきの育児に『へぇー』」という記事にまとめています。

 10月のReライフ面では、「あなたが人生の最後に味わいたいものはなんですか」「かなえたい夢はありますか」の2テーマでアンケートを実施中(2017年9月7日まで)。詳細は「人生の最後に味わいたいものは? 10月のReライフ面アンケート」ページをご確認ください。回答によっては記者が取材をお願いすることもあります。

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

秋山弘子さん モデルなき”人生100年”時代こそ、イノベーションの宝庫

 人生100年と言われる時代となり、私たちはどんな備えをすればいいのか? 長寿時代の課題解決への取り...

PAGE TOP