ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

死ぬまでに観るべき紅葉の名所 一番人気はやっぱり京都 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>おすすめの紅葉スポットは?

更新日:2017年09月10日

 秋といえば紅葉ですね。Reライフ面の読者に、「おすすめの紅葉スポットは」とたずねました。全国各地の名所が挙がったのですが、都道府県別で見ると京都が2位以下を大きく引き離しました。印象深いエピソードとともに古都の名所を紹介します。今回は3回シリーズでお届けし、次回は東日本、3回目は京都を除く西日本編の予定です。

■東福寺

・あの燃えるような赤は他では見られません。大嫌いな人混みを我慢する値打ちあり。(神奈川県 女性 60~64歳)

・回廊から見た光景。(東京都 男性 70~74歳)

・カレンダーでよく見ていたが、本当に真っ赤な紅葉に驚いた。(神奈川 男性 60~64歳)


■嵐山

・京都駅からバスツアーで参加したのですが、あまりにも美しくどんどん歩いて遠くまでいきすぎて、指定の駐車場にとめてあったバスに戻る時間がなくなりタクシーでそのバスに戻りました。(東京都 女性  55~59歳)

・条例で定められた上品な色使いの建造物が織り成す落ち着いた景観に、紅葉の深い朱色が極め付きの花を添えているからです。(東京都 男性 39歳以下)


■高桐院

・観光地化していないたたずまいで、友達と観光タクシーに乗って、他にもちょっと訪れることが難しいところにあちこち行きました。(大阪府 女性 60~64歳)


■北野天満宮

・御土居(おどい)の紅葉ライトアップ。まるで渓谷にいるような感じになり、人も少なく雰囲気がよかったです。恋人と寄り添いながら歩きたくなります。最後にお茶とお菓子が頂けてほっこりします。(大阪府 女性 55~59歳)


■清水寺

・定番だけど京都の清水寺、舞台の下の道から夕日に映える紅葉をみると日本の風情が味わえる。一緒に行った友人は風情よりも新選組ゆかりの茶屋の甘味の方が関心があったが。(神奈川県 男性 65~69歳)


■禅林寺永観堂

・結婚前に妻と訪れました。長い階段があり、足がガクガクと震えだすほどでした。学生時代、合気道をしていて体力に自信があった私ですが、妻の「全然痛くないよ」の言葉に、嫌でも年齢を感じてしまいました。(神奈川県 男性 45~49歳)

・2014年10月中旬、夫婦で京都墓参旅行をした際に、京都在住の親戚に案内されて訪れ、紅葉のシャワーを浴びました。(千葉県 男性 65~69歳)

・橋の上から見るのが良い。(奈良県 女性 55~59歳)


■真正極楽寺(真如堂)

・ピークの終盤に行ったんですが、まさに赤いじゅうたん!って感じでとてもきれいでした。紅葉を見るだけならお金はいらないし、穴場だと思います。(兵庫県 男性 40~44歳)

・京都生まれの京都育ちの私が東京生まれの東京育ちの妻と大阪・高槻の社宅に住んでいた時、あまり、人の来ない紅葉スポットを案内してほしいと妻から頼まれた。はたと困ったが、浪人時代、予備校の休憩時間に近くにあった真如堂に行くと、ひっそりとしていたが、紅葉が凛(りん)として美しく、しばし、浪人の不安な気持ちを和らげてくれた。それから、約20年後、妻を真如堂に案内し、2人で紅葉を楽しんだ。入社した会社の創業者の菩提(ぼだい)寺でもあるとその後、知り、「縁」を感じた。(千葉県 男性 65~69歳)


■金閣寺

・紅葉の中に金色が浮き上がりとてもきれいだった。(千葉県 女性 55~59歳)


■天龍寺

・紅葉の絨毯(じゅうたん)の美しさに見ほれました。幼い娘と人力車に乗ってガイドをしていただき、とても楽しい1日を過ごせました。(大阪府 女性 50~54歳)


■哲学の道

・学生時代は京都で生活をしていたので、朝夕に出かけて紅葉を楽しみ、癒やしの時間を持てました。(大阪府 女性 60~64歳)

 アンケートは、7月7日~8月10日にウェブのReライフページで実施。「おすすめの紅葉スポットは?そこを訪れた時のエピソードも教えてください」という問いに178人が回答した(49歳以下15%/50代39%/60代33%/70代13%)。

 9月10日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】紅葉 思い出も鮮やかに」という記事にまとめています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。最新のReライフ面アンケートの詳細はこちらページでご確認ください。
 回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。あらかじめご了承ください。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

Reライフスペシャル

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

PAGE TOP