ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

Reライフ世代に聞いた勝負メシ 人気はガッツリ系 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>ここぞという時に食べるもの

更新日:2017年12月10日

 朝刊Reライフ面の読者に「ここぞという時に食べるもの」を聞いたWebアンケート。その興味深い回答を2回に分けて紹介します。1回目は、いかにもスタミナが付きそうなガッツリ系のごちそうです。



とにかく肉

●最近は、ここぞという時がそれほどありませんが、やっぱり「牛肉」でしょうか。プロレスラーが好んでステーキを食べるように、「パワー」がみなぎるのです。(愛知県 男性 50~54歳)

●くたびれて、疲れてテンションの上がらない日も、元気な1日も、季節の変わり目にも、とにかくジンギスカンが食べたい。道産子のソウルフード。さすがに北海道に住んでいた時に比べると食べる回数は減ったけれど、ここぞという時に食べるのはジンギスカンだ。(東京都 女性 55~59歳)

●ステーキ。やっぱりいくつになっても肉が一番元気が出る。元々肉が好きなんだと思う。でも、焼き肉じゃダメ。ここぞという時はステーキ。それもフィレがいい!(神奈川県 女性 50~54歳)


カツで験担ぎ

●趣味とか遊びの勝負事の時には「カツ丼」を食べます。「勝つ」に通じるとの思いからです。(千葉県 男性 75~79歳)

●カツカレー。元気がない時に食べるとスカッとするし、カツの縁起も担いで食べる。(北海道 男性 60~64歳)

●若い頃から貧血気味の私は、ふらっとしたらカツ丼を食べることにしています。昔、たまたま貧血が治まった時があって、その時食べたカツ丼のおかげだと思ったのでしょう。多分に気持ちの問題だと思いますが、最強の食べ物のイメージがあるのです。(茨城県 女性 55~59歳)

●カツ丼です。つわりになった時も、カツ丼ならパクパク食べられました。学生時代も、仕送りが届いた日にはカツ丼を食べに行きました。なんか、元気の出る食べ物なのです。(愛知県 女性 65~69歳)


ニンニクで元気に

●ニンニク。エネルギーが出そうだから。(東京都 男性 65~69歳)

●ニンニクを効かせたギョーザやステーキなど。食べるとなんとなく元気が出る。(神奈川県 女性 39歳以下)

●臭いが嫌で、以前の私は生ニンニクを使ったことがありませんでした。ところが更年期となり、体が疲れた時に、生ニンニクを買ってきてスライス、油で炒めて食べてみると、翌日にはすっきり元気に。効果を実感しました。(兵庫県 女性 55~59歳)


ウナギで頑張る

●私の勝負食は、何といっても「ウナギ」です。今は中国や台湾などのシラスウナギの乱獲の影響で値段が高くなり、もともと高級な食べ物がさらに高くなったので、とても残念でなりません。うな重、うな丼、焼き上がりのあの甘辛いタレの香り、ふわっとした食感、何とも言えずおいしいの一言です。ウナギは秋から冬が旬で、これからが一番おいしいシーズンになります。夏よりも脂がのっていて、肌寒くなったときに食べる「ウナギ」は、まさに絶品ですね。(千葉県 男性 65~69歳)

●うなぎ、ガッツと力が出る気がする。(東京都 女性 55~59歳)


栄養豊富で簡単な卵

●子どもの頃のごちそうは、家で飼っていた鶏が生んだ卵をとってきて、炊き立てのご飯にかけた「卵かけごはん」です。中学時代の3年間、ほぼ毎日の朝食で食べては、通学の自転車に飛び乗ったものです。そのおかげか、3年間で身長が20センチも伸びました。(岐阜県 女性 60~64歳)

●卵かけご飯。簡単で栄養があり、早く食べられる。小さい頃は自宅で鶏を飼っており、貝殻を金槌で砕いて餌に混ぜたり、菜っぱを刻んで与えたりしていた。黄身の色が鮮やかで、ご飯にかけるとたまらなくおいしかった。その味がわすれられない。(広島県 女性 55~59歳)

 今回のアンケートは10月6日~11月9日にウェブのReライフプロジェクトのサイトで実施しました。回答した215人の年代別の内訳は、49歳以下21%、50代40%、60代31%、70代7%、80歳以上1%でした。12月10日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】ここ一番 力をくれる味」という記事にまとめています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。2018年2月紙面アンケートのテーマは「がんと診断されて……」「10代のころの自分にどんなアドバイス?」の2題です(1月11日締め切り)。詳細は「がんと診断されて… 2月のReライフ面アンケート」ページでご確認ください。回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

バルバラ対談写真 女の人生を映す伝説のシャンソン、隠された意味は……

 戦後、フランスで国民的人気を誇ったシャンソン歌手バルバラ(1930ー97)の人生をテーマにした映画...

PAGE TOP