ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

【読者会議】寒さに負けない私の味方 

<Reライフアンケート>冬を快適に過ごすお薦めの方法は?

更新日:2017年12月17日

 寒い冬を快適に過ごすには、どんな方法があるでしょう? お日様を最大限に利用する、外で体を動かすなど、寒さを乗り切る工夫や楽しみ方は、いろいろあるようです。


お日様フル活用 省エネ徹底

 「晴れた日は開けられるカーテンは全部開けて、1ミリでも多くお日様を取り入れたい」。茨城県東海村の主婦、根本摩美さん(49)が暮らす築6年の戸建ての借家は窓がペアガラス。気密性が高く、天気がよければ昼間は暖房がなくても暖かい。夕方は、まだ少し明るいうちにカーテンと雨戸を閉め、暖気を閉じ込める。2階に暖房器具はなく、「曇り続きだとかなり困ります」と苦笑いする。

 夫と高校3年の長男の3人暮らしで、昼間家にいるのは根本さんだけ。「暖房を使うのはもったいない」と、寒い雨の日でもほとんど使わない。代わりにフリースやダウンベストを重ね着し、厚手の靴下の上にルームシューズやスリッパを履く。首には手作りのネックウォーマー。座って本を読んだり、編み物をしたりする時は、床の上にクッション、その上に湯たんぽを置き、足を乗せる。さらにひざ掛けで足を覆えば、かなり暖かく過ごせるという。

 それでも寒かったら、ゆっくりと10回ほどスクワットをしたり、階段を上り下りしたりして体を温める。「動くことは体にいいし、満足感も得られます」

 小さい頃から自然や環境を大切にしたいとの思いが強く、「無駄が嫌いなんです」と言う。お日様のエネルギーを無駄にしたくない。真冬の朝夕に使う灯油ストーブの上ではお湯を沸かし、ジャムを煮る。かつてはとにかくいろいろ省エネ方法を試していた。今は色鮮やかなルームシューズやお気に入りのふた付きタンブラーなどを使い、省エネを楽しんでいる。

 「せっかく四季があるのだから、冬を楽しみたい」。空気の澄んだ夜、ホットワインを作り、厚着をしてベランダで流星群を眺めることもある。壊れたクリスタルガラスの置物にワイヤを巻いて窓辺につるせば、冬に低く差し込む光が当たり、部屋に虹をちりばめたようになる。省エネ生活を友人に話すと驚かれるが、根本さんの答えは「面白いよ」。今の生活に満足しているという。


■ 母手製のはんてん 必需品

 結婚する時に母が作ってくれた綿入れはんてんが、とても暖かいです。持たせてくれた5枚のうち、1枚は友人、2枚は娘2人にそれぞれ渡しました。今は巣立った娘たちも、母の手縫いのはんてんがお気に入りでした。はんてんは冬の必需品です。
 私の着ていた2枚は、もうぼろぼろになりました。1枚は捨てましたが、紅葉柄のお気に入りの1枚は、5年前に亡くなった母の形見として、大切にとっています。 福島県 立花秀子さん(61)


■ 重ね着してウォーキング

 4年前の冬、手術のため10日ほど入院しました。やせて筋力が落ち、それまでは寒さに強かったのに、何枚重ね着をしても震えるほど寒く感じました。今は冬でもお天気がよければ日のあるうちに外出して、8千歩ほど歩くようにしています。歩くことで体が温まるし、体調も元に戻りました。
 暖房のきいた室内にばかりいるのは、体によくありません。体温調節しやすいよう重ね着するなどして、外出を心がけています。 神奈川県 高橋陽子さん(65)


■ 冷気防ぐ工夫 窓や玄関に

 我が家では日中はカーテンや障子を開け放ち、お日様の暖かさを取り入れ、夕方に厚紙などで作った防寒用ボードで窓の下部分を覆います。レースと厚手のカーテンの間には、断熱効果のある薄手のシートを洗濯ばさみで留めます。玄関には突っ張り棒でカーテンを取り付け、冷気を防いでいます。
 寒さ対策の工夫をするしないで、室内の快適さが全然違います。次はどんな対策ができるか、楽しみながら取り組んでいます。 愛知県 小森千治さん(61)

アンケート「冬を快適に過ごすお薦めの方法は?」に寄せられた回答は「ひと工夫でポッカポカ 寒さを乗り切るアイデア集」にも掲載しています。また「冬の寒さ、どんな時につらい?」にお答えいただいた回答から、共感必至のエピソードをピックアップした「寒い、冷たい、心が痛い……だから冬は大嫌い」も合わせてお読みください。

2018年2月紙面アンケートのテーマは「がんと診断されて……」「10代のころの自分にどんなアドバイス?」の2題です(2018年1月11日まで)。詳細は「がんと診断されて… 2月のReライフ面アンケート」ページでご確認ください。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

バルバラ対談写真 女の人生を映す伝説のシャンソン、隠された意味は……

 戦後、フランスで国民的人気を誇ったシャンソン歌手バルバラ(1930ー97)の人生をテーマにした映画...

PAGE TOP