ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

こんな言葉はやめてくれ がん患者が傷つく一言 

<Reライフアンケート・みんなの体験談>がんと診断されて……

更新日:2018年02月08日

 がんについてReライフ面読者に尋ねたシリーズの4回目。がんと診断された後に周囲から言われて、つらかった言葉を集めました。言った方には悪気はなくても、患者本人にはグサッとくることは多々あります。


根掘り葉掘り

●「ステージは?」と聞かれたこと。(東京都 55~59歳 女性)

●病状や病院の詳細を聞かれることが非常に苦痛に感じた。興味本位で質問していると思われる方もおり、疎遠になった友人も複数いた。(東京都 40~44歳 女性)


病気は運命?

●「病気になるのは天罰」といった言葉。(埼玉県 45~49歳 女性)

●「ある宗教を信心しないから病気になった」と言われ、家族はその宗教を信心していると答えたら、「信心していたからその程度で済んだのだ」と矛盾したことを言われた。(福岡県 65~69歳 女性)


医者の言葉にがっかり

●医師から「転移するということは、もう全身に病気が進んでいるということですから、残された日々を有意義に過ごしたほうがよいでしょう」という話があった。がんは早期の手術で取り除かなければ、完治はできないと思っていることが分かった。食事や運動、気持ちの持ち方など治癒力を高めることの相談を医者にしても話にならないことも情けない。(山梨県 65~69歳 男性)


想像力の欠如

●「人間はいつ何があって死ぬかわからない、みんな一緒」だの「私なんか長生きしたいなんて思わない」など安直で想像力に欠ける言葉は悲しい。(埼玉県 60~64歳 女性)

●父が亡くなった当時、母はまだ40歳。中学生の私と妹を抱えた母の姿に、親戚や近所の大人たちは心底同情していたと思います。それが分かるからこそ、「これからはお母さんを助けるんだよ」という大人たちの言葉には、耳を塞ぎたい気持ちでした。思春期だった私は、「父を亡くしたばかりの私の気持ちより、母と重ね合わせた自分の感情を優先して言っている!」と傷つきました。(千葉県 40~44歳 女性)

●「後は、好きなことを思う存分すればいいし、好きなものをどしどし食べればいい」と人に言われたときは、「私の人生もいよいよ終わりか」という感想を持たざるを得なかった。(京都府 65~69歳 男性)

●私の場合は抗がん治療はなく、経過観察が続いていました。元気そうに見えたようでも、いつ再発するのか恐怖感は常にありました。そんなときに「肺がんの手術をしたのにそんなに元気でいるの?」と言われるのが嫌でした。見かけはそうでも心の中は違う。主治医の先生から昨年末、「もう大丈夫」との言葉を聞くまで恐怖感は続きました。本当はまだ、全く安心しているわけでもありません。(東京都 70~74歳 女性)


「かわいそう」

●父親を20代で、母親を30代で見送った。子育て、仕事が忙しい時に寄り添っていたため、ことあるごとに、親戚や近所の方から「かわいそうに、かわいそうに」と言われました。可哀想な人扱いが嫌でたまらなかったです。(東京都 45~49歳 女性)

●「可哀想」という言葉を聞くのが一番つらかったです。闘病中でも毎日の生活の中に楽しいことや幸せなことはたくさんあるのに、人生の全てががんに支配されていると思われているように感じ傷つきました。(東京都 50~54歳 女性)


何を根拠に「大丈夫」

●「まだまだ大丈夫です。膵臓(すいぞう)がんでも〇年も元気でいる人を知っている」。何回もそういうことを言われ、「何を根拠に言うのか」と、いら立ちを覚えたことがあります。(大阪府 60~64歳 男性)

●夫が膵臓(すいぞう)がんで2年半前死亡。命の時間を宣告された頃、友人に状況を説明するも簡単に「治るよ、治った人も知っているよ」と言い放たれた。それでいて、「食生活が悪かったんじゃないか」など病気になった原因をあれこれ言われた。(奈良県 55~59歳 女性)

●「高齢だから大丈夫」と慰めにもならない言葉が不愉快でした。(東京都 60~64歳 女性)


がんの家系ですか

●「がん家系?」という質問がイヤでした。「大丈夫」って言われると、「100%なんて無い」って思っていました。自分が「大丈夫、大丈夫」って念じるのと、人から言われるのとは、意味が違います。転移もあるかもしれない、そんな状況は大丈夫ではありません。(大阪府 50~54歳 女性)

●「がんになる人とならない人の違いはなんだろう?何をしたらがんになるのだろう?」と言われたこと。「なぜ私が…」と病気になった本人が一番苦しんでいるのに。(滋賀県 50~54歳 女性)


原因は私のせい?

●主人に「食事が間違っていたせいだ」と、断言するように言われたこと。食事だけが原因ということはないと思うし、家族の食事の準備をずっと預かってきたのに全否定されたようで悲しかった。(神奈川県 40~44歳 女性)

●「健康面を普段から考えてあげていたの?」とか「もっと優しくしてあげて」とか言われることです。こちらのせいでがんになったかのような言いようで「違うの!父本人のせいなの!!」って言い返したかったです。(神奈川県 45~49歳 女性)

 今回のアンケートは2017年12月8日~2018年1月11日にReライフプロジェクトのWebサイトで実施しました。回答した305人の年代別の内訳は、49歳以下21%、50代43%、60代29%、70代7%、80歳以上1%でした。2月4日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】がんと診断 それからのわたし」という記事にまとめています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。3月紙面アンケートのテーマは「東日本大震災、どんな復興支援していますか」「お薦めの桜スポットは」「初任給の思い出は」の3題です(2月8日締め切り)。詳細は「東日本大震災、どんな復興支援していますか 3月のReライフ面アンケート」ページでご確認ください。回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

バルバラ対談写真 女の人生を映す伝説のシャンソン、隠された意味は……

 戦後、フランスで国民的人気を誇ったシャンソン歌手バルバラ(1930ー97)の人生をテーマにした映画...

PAGE TOP