ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

【読者会議】次に生まれたら この仕事 

<Reライフアンケート>生まれ変わったら、やりたい仕事は?

更新日:2018年09月16日

 「身のほど知らず」なんて関係ない。もし、来世で憧れの職業にチャレンジできる機会があれば、何を選びますか? 読者の皆さんに尋ねたところ、夢いっぱいの回答が集まりました。


知的でしなやか 銀座のママに

 うぐいす色の着物をきて、まとめた髪にすてきなかんざし。店には和の趣向を採り入れ、お客様のそばにそっと座って「何になさいますか」と飲み物を勧める・・。

 千葉県松戸市の清水久江さん(67)の来世の夢は、クラブのママになること。特別な格を感じて憧れてきた東京・銀座に、落ち着いた雰囲気の店を構えてみたい。

 きっかけは、激動の40代にあった。26歳で結婚して専業主婦だったが、40歳で離婚。小中学生の娘3人を一人で育てる生活が始まった。別れてすぐに元夫は病死し、養育費もない。お酒が飲めない清水さんに、元夫の親族は「水商売もできないだろう」と言った。

 生活は一変。事務員とスーパーのレジ打ち、化粧品の販売員と、三つの仕事を掛けもちした。休みは正月だけ。疲労で歩けなくなる日もあったが、意地だった。

 でも、久しぶりの仕事は学びも多く、楽しかった。「いま考えると一番、輝いていたかも」。次第に、イメージを決めつけていた夜の仕事に思いをはせることが多くなった。仕事とは、こんなにも勉強し、気を配ることも多いもの。夜の女性たちも、着飾って、お酌をするだけではないんだろうな。

 定年後、「筆談ホステス」として銀座でナンバーワンになった斉藤里恵さんをテレビで見て、「やっぱり」と思った。気配りだけでなく、政治から芸術まで幅広い知識を身につけて、しなやかに言葉を返すプロもいる。会話を通じて内面が出る「プライドが持てる仕事だ」と憧れるようになった。

 お酒が飲めなくて寂しい思いをすることもあったからこそ、来世に期待する。「夢なんだから、別世界に憧れても自由。ほろ酔いで楽しく話しながら、誰かの『癒やし』になれたら」

 今は月3回、同年代のママが営む近くのスナックに通うのが楽しみだ。清水さんのおともは、コーラやウーロン茶。べろべろのご近所さんたちと、昭和の曲を歌う。「ここは銀座と違うけれど、やっぱり楽しいな」と笑う。


■ 反発して遠ざけた医の道へ

 医師以外、考えられません。子どもの頃から生き物好き。脳外科医の伯父に「命を守る仕事に就け」と何度も背中を押されましたが、人が勧めると反発する性格でした。今、介護福祉士として高齢者施設に勤めています。利用者が突然転ぶなどは日常茶飯事で、医療行為ができない自分が情けない。時々、数学の問題集をめくったり、柔道整復師になるための勉強をしたりしています。知識はあの世に持っていけると思うから。 埼玉県 校條(めんじょう)清さん(58)


■ 器用さ生かし 伝統工芸挑む

 陶芸やガラス工芸など、伝統工芸の職人です。50年ほど、電子部品の販売や、設備の工事・点検に携わってきました。テレビの番組で、職人の方が織り機を動かしたり、かごを作ったりしているのを見ると「全く違う分野だけど、できそうかも」と思うことがありました。思い込みかもしれませんが、自分の手先の器用さを試してみたい。後継者不足の問題を聞くたびに、「もっと若ければ、やってみたのに」と思っています。 秋田県 大友正之さん(75)


■ ソプラノ歌手 感動届ける

 生まれ変わっても医師にと思っていましたが、5年前に混声合唱団に入り、来世はソプラノ歌手になりたいと思うように。普段は低い地声で仕事をしていますが、歌ってみると高い声が出せることに感激。プロの歌も聴きますが、上手なソプラノには鳥肌が立ちます。私も、美声で人を感動させてみたい。コンサートなど一瞬の舞台で結果を出すため、毎日努力し続ける姿勢は、今の仕事に通じるものがあると感じます。 京都府 女性(56)

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。2018年11月紙面アンケートのテーマは、「忘れられない『怒られた思い出』は?」「あなたのスマホ活用法を教えてください」の2題です(10月11日締め切り)。詳細は「忘れられない『怒られた思い出』は ?  11月のReライフ面アンケート 」ページでご確認ください。回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。

Reライフスペシャル

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

秋山弘子さん モデルなき”人生100年”時代こそ、イノベーションの宝庫

 人生100年と言われる時代となり、私たちはどんな備えをすればいいのか? 長寿時代の課題解決への取り...

PAGE TOP