ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

平成に続く時代は? 「和」「安」「平」がみんなの願い 

<Reライフアンケート>あなたが考える「新元号」は

更新日:2019年01月06日

 2019年は「平成」から新しい元号に替わる年です。そこでReライフ面読者に「どんな元号がいいと思うか」とたずねたところ160の元号案が寄せられました。最多は「平和」で、2位が「安寧」でした。人気が高かった漢字は「和」「安」「平」の順でした。


 回答者は258人で、そのうち193人から160の元号案が挙げられました。

 多かった順に並べると、1位は「平和」(12人)、2位は「安寧」(8人)、3位は「安泰」「安生」「開明」「希望」「元気」の5案が3人の同数で並びました。このほかの153案は1人ないし2人からの提案で、非常に分散した結果になりました。

 しかし、使われた漢字を分類し、自由記述にある新元号に込めた思いや願いを読み込んでいくと、一定の傾向が浮かび上がってきます。

元号にふさわしい漢字(あなただったら、どんな元号がいいと思いますか? 有効回答数 258人)
 全部で160の元号案は、漢字125文字の組み合わせでできています。そのうち最も多い漢字は「和」の42人でした。以下、「安」32人、「平」23人、「明」16人、「光」13人と続きます。さらに、「希」「開」「生」が11人ずつ、「新」「寧」が8人ずつ、「泰」が7人、「幸」「成」「栄」が6人ずつとなりました。

 アンケートの自由記述欄から新元号に対する考えをみてみます。「明るくて平和な時代が来ますように」(兵庫県 女性 60代)、「あらゆる差別をなくし、民族・階層間の憎しみをなくし、平和な時代になることを祈願します」(神奈川県 男性 50代)など、59人が平和への思いをつづっていました。

 このうち、元号案としてズバリ「平和」を挙げたのが12人。これとは別に、「和」を使った提案が14人からありました。

 「宝和」を提案した千葉県の70代男性は「私たち国民にとって平和は宝です」。ほかに「真和」「結和」「和平」などがありました。

 具体的な提案はありませんでしたが、東京都の50代の男性からは「平和で穏やかな世界を祈念するような意味合いの元号がいいと思います。ひとりひとりの個性や多様性が尊重される社会になるといいと思います」という思いが寄せられました。

 平和の「平」を使って「平根」を提案したのは神奈川県の男性(39歳以下)です。小説『博士の愛した数式』をヒントに、平方根(ルート)の「平」と「根」を取って考えたそうです。「ルートというと、割り切れない数字の場合、無限に数字が続くイメージから、平和が途切れないことを思って付けました」

 2位の「安寧」に加え、「安泰」「安生」と「安」を使った元号案が上位7案のうち三つを占めたのも特徴的でした。

 安寧とは「社会の秩序が保たれ平和なこと」という意味です。提案した一人、東京都の70代女性は「自然災害を含め、大きな災害に見舞われた30年でした。大地震も逃げ出すような『安寧』の世をこいねがいます」と理由を記しています。平成は大地震やテロなどの被害が記憶に残る時代だったのかもしれません。

 ここで視点を変えて、元号のアルファベットの頭文字について考えます。明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)と重ならないように配慮した提案者が10人いました。この中での最多は「K」の4人で、「開立」「幸福」「共可」「広久」をそれぞれ提案しました。続いて多かったのが「A」の3人で、「安生」「安治」「安寧」と、いずれも「安」を使っています。

 アンケートに回答したものの、具体的な元号名を挙げなかったのは65人です。このうち、「元号はいらない」を理由にしたのが19人と3割いました。「公的や私的な書類にどちらを使うか混乱するから。いちいち西暦と元号を換算しなければならず非合理的だから」(東京都 男性 60代)など実用面での不便さを挙げる人が大半でした。

 アンケートは、2018年11月9日~12月6日にwebサイト「Reライフ.net」で実施。有効回答は、男性151人、女107人の計258人。年代別では、49歳以下=38人、50代=79人、60代=94人、70代=41人、80歳以上=6人でした。2019年1月6日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】願い込め、私の新元号案」という記事にまとめています。

 Reライフ面では月替わりのテーマで皆さんの意見や体験談をお寄せいただき、紙面で取り上げます。2019年2月紙面アンケートのテーマは、「最も思い出に残る卒業式は?」「あなたは犬好き? 猫好き?」の2題です(1月10日締め切り)。詳細は「最も思い出に残る卒業式は? 2月のReライフ面アンケート」ページでご確認ください。回答を踏まえて記者が取材をお願いすることや、紙面だけでなくウェブページで回答を掲載する場合があります。

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

バルバラ対談写真 女の人生を映す伝説のシャンソン、隠された意味は……

 戦後、フランスで国民的人気を誇ったシャンソン歌手バルバラ(1930ー97)の人生をテーマにした映画...

PAGE TOP