ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

遺産相続が、遺産「争族」にならないために<上> 

遺言書の作り方

更新日:2017年03月01日

三井住友信託銀行のフェロー主管財務コンサルタント
 遺産相続が、「争族」にならないよう家族の幸せのために遺言書を作りましょう。

 遺言書の作り方について、三井住友信託銀行のフェロー主管財務コンサルタント・稲熊里志さんが、2016年12月16日、朝日カルチャーセンター新宿教室(東京)で講演した。稲熊さんはいろいろな具体事例をあげて、遺産相続の難しさと遺言書の書き方を紹介した。稲熊さんの講演の主な採録を2回に分けてお届けします。

 家庭裁判所での相続争いの件数が年々増えている。相続争いの防止とともに公正証書遺言の作成件数が伸びている。どうして相続争いが増えているのか。

 まず、権利意識の高まりだ。自分の幸せや利益を第一に考える個人主義の風潮が高まったことではないか。加えて一億総中流社会から格差社会へ、教育費は年々高くなり、年金は削減されるなど生活の不安は増している。これらが相まって法律上権利があれば、もらえるものはもらっておきたいという意識が浸透しているようだ。

 「遺言」と「遺書」は漢字で書くと似ているが、全く別物。遺言は法定の要件を備えた場合、法律的に効力を持つ文書だ。遺書は法律的な効力・所定の要件はなく気持ちを書き表した文書だ。

 例)一つのビルを3人の兄弟で相続したため、その後の相続で10年後には、ビルの共有者が10人に増えてしまい、ビル運営の意見統一が出来なくなったケース。

 こうした事態にならないためには、そもそも大きなビルを一つ持つのではなく、遺産分割がしやすいよう相続人の数だけ小さなビルを持つ対策が必要だ。兄弟の代でビルを売却して売却代金を分けて、その子供の時代にトラブルが発生しないようにしておくことも大事だ。

 例)夫は全財産を妻に相続させたいと願う。夫の財産が1億円、妻の財産が1億円、長男と次男がいるという家族構成。

 夫は、1億円を妻に相続させたいと思う。配偶者の税額軽減で、妻が相続すると1億6千万円まで無税。子供は2人いるが、それなりの生活をしているので、妻の生活を第一に考えたい。

 相続税は累進課税のため、もらう財産が大きくなると税金が大きくなる。財産が大きくなると税率が上がるからだ。

 ケース1) 夫が亡くなり、その財産を妻が全て相続すると配偶者の税額軽減で1億6千万円まで相続税はゼロ。妻は自分の1億円と夫からもらった1億円で計2億円を持つことになる。次に、妻が亡くなった時に2億円の財産を長男が1億円、次男が1億円相続すると相続税は合計3340万円になる。

 ケース2) 妻に相続させず、長男に5000万円、次男に5000万円を相続させる。この場合、相続税は合計で680万円。その後、妻が死亡した場合、妻の1億円の財産を長男が5000万円、次男が5000万円相続したときの相続税は合計で770万円。1次相続、2次相続の税金を足すと1450万円。その差は、1890万円。遺産配分の仕方によって相続税に大きな違いがでる。

 特定の相続人への財産の集中は、税負担の観点からは、なるべく避けた方が得策。できれば税理士に依頼をしてどのような配分したらどのような相続税がかかるか、一次相続だけでなく2次相続も含めて、シミュレーションしてもらうといい。

 例)妻を早く亡くし、子供はいない。一人で過ごしてきた。姉や弟とは長い間疎遠だ。近くに住むめい(亡き兄の娘)はいろいろ面倒をみてくれた。できれば相続させたい。

 遺言に「めいに全ての財産を相続する」という遺言書を作成すればいい。

 例)夫はすでに亡くなり、子供は長男と次男。長男夫婦と同居している。
 長男の嫁は亡き夫の介護をよくしてくれた。身体の弱った自分の世話も親身にしてくれた長男の妻には感謝している。

 遺産相続で、子供のお嫁さんにどう報いたらよいかご相談を受けることがある。「お嫁さんが献身的な介護をしてくれ、ほんとうにありがたい」と。しかし、お嫁さんには遺産相続の権利がない。長男は自分の嫁が両親に尽くしてくれた貢献分を自分の配分に上乗せするよう他の相続人に求めることがある。

 他の相続人が納得しても、その配偶者が「それはおかしいのではないか」と口をはさんでくることも少なくない。

  •  「自分たちは住宅ローンや家賃を払っているのに、兄さん家族は親の家で家賃なし。光熱費も親持ち」
  •  「長男の嫁になったからには、ゆくゆくは親の介護をすることはわかっていたはず」

 しかし、孝養を尽くしてくれたお嫁さんには、感謝の気持ちを形で表したいもの。

 感謝の気持ちを形で表す方法は二つある。

 一つは、生前贈与。ただし、まとまった金額を一度に贈与すると、贈与税の税率は高いので、何年かに分けて贈与するとか、よく検討する必要がある。

 もう一つは、遺言による遺贈。遺言書に「お嫁さんに○百万円を遺贈する」と記載する方法だ。この場合は、相続人やその配偶者が納得しやすいように、お嫁さんにこんなにお世話になったという理由を明記することがポイントだ。

 講演の採録は「遺産相続が、遺産「争族」にならないために<下>」に続きます。

関連記事

イベント・講座開催リポートの関連記事

PAGE TOP