ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

「どっこいしょ」をやめたいなら 美しい座り方を身につけよう 

<Reライフ講座>ポージング&ウォーキング (上)

更新日:2017年09月27日

 中井信之さんは、プロのモデルを指導するポージングディレクター。講座に集まった女性たちは、座る、立つ、歩くという日常の立ち居振る舞いを軸に、キレイに見える所作などを学んだ。

 今回参加した人の動機はさまざま。仕事で人前に立つ機会があり、少しでも見栄え良く振る舞いたいという人。猫背が気になるという人や、写真写りが良くなりたいと願う人もいた。中井さんは「美の定義は数値化できません。バランスよく、きれいな気持ちを表して、機能的に体を使う方法を学びましょう」と語った。


多くの女性が間違っている!? 両脚「ナナメ」の座り方

 講座では、まず、美しい座り方を学んだ。

 例えば面接だと、イスに浅めにかけて背筋は伸ばし、脚は垂直に下ろす。マナー的には、これが定石とされる姿勢だ。それをどう改めたら、より美しく映るのだろうか。「ひざ下を長く見せられれば、脚が長く、美しく見えます」と中井さん。多くの女性は、両脚をそろえたまま、そのまま斜めに傾けようとする。だが、それだと腰に負担がかかりそうだ。「脚を垂直におろした状態から、両足を足のサイズの半分ほど前に出す。その上で、倒したい側の脚を少し後ろに引く。そして残した足のかかとを、引いた足の土踏まずにつける。つま先は少し開きぎみに。そうして両脚を倒すのです」

 ひざの上の手は、ゲンコツにして乗せると男性のようだし、置く位置が前過ぎると姿勢が引っ張られる。「両手は、ひざの内側の3分の1ぐらいの所に置いて、少しずらして軽く重ねましょう」

 ひじ掛けのあるイスやソファにかける場合だと、普通に真ん中に座っては、イスの大きさが目立って美しくない。「そんな時には、座面の対角線上に、深めに斜めに座る。ただし、完全には背もたれに寄りかからず、背筋はスッと立てる。その上で、さっきの調子で脚を傾ければ、ぐっとエレガントな雰囲気に映りますよ」


猫背の矯正ポイントは「背すじ」ではない

 普段から猫背が気になる人は、何を注意すべきか。電車に乗って周りの人を観察してみると、猫背な人は背中が丸まっているというより、頭がちょっと前に出ている感じなのが分かる。「耳の穴が、肩の上に位置するように意識するのがコツ。肩を、前から後ろにぐるっと回して、ストンと落とす。その時、首をすっと後ろにもどす感じ。髪の長い人なら、垂れた髪を後ろに流して首のあたりを広く見せるようにすると、より美しく見えます」

 テーブルの前に座った時の、手の所作も悩ましい。テーブルに手を置くなら、片方の手のひらを上に向け、反対の手でふたをするように軽く重ねる。親指は開かずにしまうと、それだけで全然印象が違ってくる。「一の腕(手首~ひじ)の使い方も大事です。一の腕に反対の手を重ねると上品に映ります。テーブルに直接ひじをつくのはNGですが、脇を締め、反対の手を受け皿にしてひじを乗せて、一の腕を引き寄せてあごに指を添える感じにすると、美しいしぐさになります。相手の話に耳を傾けたり、考えたりする場面のポーズですね」

忘れないで 顔まわりに手を添えるとかわいらしさがアップ

 女性が、顔のあたりに手を添えると、かわいらしく見える。日常の中では、無意識にやっている所作だが、写真を撮られる時などには忘れがちだ。「ぜひ、鏡を見ながら、ひじを反対の手で支える形で、練習してみてください」

 あごの下に軽く指を添えてみる。この場合は人さし指を軸に他の指を軽くたたんで長く見せるのがコツ。口の端のあたりにそっと添えてみてもいい。その場合、可能なら口を少しだけ開けてみると柔らかな印象になる。次に、ほっぺたを指3本ぐらいで触れる。触れかたは、押してシワがでない程度にごく軽く。「化粧品の広告写真などでよく見られる所作ですが、女性が自分自身を慈しんでいるような雰囲気がでます」。そっと耳や、うなじのあたりに触れ、そのまま手を下ろして首のネックレスを整えるようなしぐさをしても良い。「自然にできれば、決していやみじゃありません。照れてはだめです。その気になってやってみてください」


立ち上がるときの美しい所作とは?

 せっかく美しく座れたのなら、立ち上がる所作にも注意したい。脚をそろえたまま立ち上がろうとすると、アゴを出すように体を前に倒さなければ、腰を上げられない。これでは、思わず「どっこいしょ」と、言ってしまいそうな立ち方だ。美しく立ち上がるには片足を少し引き、その足を踏ん張る形で腰を上げる。「ひじ掛けがあるイスなら、それにつかまってもかまいませんよ」

中井信之(なかい・のぶゆき) 1960年生まれ。ポージングディレクター。俳優。モデル。タレント養成所で5000人以上のタレント志望者を指導。著書に「美人な『しぐさ』」「オトナ女子のための モテしぐさ図鑑」がある。

この記事は、朝日カルチャーセンター新宿教室で2017年9月18日に開かれたReライフおすすめ講座「ポージング&ウォーキングコンビネーション」の内容を採録したものです。

関連記事

イベント・講座開催リポートの関連記事

PAGE TOP