ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

カギになるのは「色」 石田純子さんがストールの極意を指南 

新刊「よくわかるストールの巻き方 使い方」出版にあわせ講習会

更新日:2017年10月11日

 朝晩めっきり涼しくなり、ストールが恋しい季節になりました。「もっとおしゃれに使いたい」「洋服とのバランスをどう取ればいいの?」――。そんな悩みを解決しようと、「きょうもキレイ撮影会」でもおなじみのスタイリスト石田純子さんが「よくわかるストールの巻き方 使い方」(主婦の友社)を出しました。基本的な巻き方やコーディネート、きちんと結びすぎない「ゆるふわ」感の出し方など知恵と工夫が盛りだくさんです。


 出版を記念して、東京・月島にある石田さんのセレクトショップで9月末、ストールの講習会が開かれました。自身もストールが大好きという石田さんは、ストールは「色」がポイントと説明。「欲しい色が少しでも入っていれば、何十年前のものでも使えます」

 講習会では、本に沿って、今年のトレンド色や旬のファッションスタイルを採り入れながら、基本的な巻き方、1枚で11通りも使えるコーディネート方法などを紹介しました。無地を購入する場合は、手持ちの服と同系色のものを選んだ方がいいとのアドバイスも。「同じ色の量感がプラスされることがエレガントさにつながる」からだそうです。最後は、参加者全員で「ミラノ巻き」を練習しました。

 70代の岡田登士子さんは、ラメ入りの黒のストールを購入し、「この秋はいろいろな巻き方を採り入れてみたいです」。60代の原正子さんは「ストールの巻き方はワンパターンになりがちだけど、同じアイテムで複数の使い方ができるのはすごく参考になりました」と話していました。

 今後のおしゃれに関する企画の参考にするため、みなさまのご意見をいただくアンケートを実施しています。お答えいただいた方のなかから抽選で3名様に、石田さんの新刊をプレゼントします。ふるってご応募ください。

関連記事

イベント・講座開催リポートの関連記事

PAGE TOP