ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

30秒の頭皮ブラッシングで髪質は劇的に変わる 

Reライフおすすめ講座「50代からの素敵に簡単ヘアアレンジ」その1

更新日:2018年06月12日

 見た目の第一印象はよくしたい。でも、若い頃とは違って、髪のお手入れには何かと工夫が必要な年齢に――。毎日簡単にできるセルフケアについて、資生堂美容室に長年所属していた尾谷一葉さんがアドバイスします。まずは正しいシャンプー法からです。

 ◇

 髪のエイジングケアが必要になるのは、一般的に35歳からと言われています。白髪、薄毛、パサつく髪についついため息が出て気持ちが沈んでしまいがちですが、この先ずっと、がっかりしながら髪とつき合っていくのはもったいない。お肌と同様に髪も愛情を込めてケアすることで、スタイリングもぐっと楽になり、すてきなアレンジも楽しめます。


 ヘアアレンジは見た目の印象を変化させる効果が実はメイクより高く、内面の自信アップにもつながります。

 まずは、髪のボリュームをよみがえらせるシャンプーのコツを伝授します。

 シャンプーは大体自己流の人が多いかと思いますが、年を重ねれば重ねるほど、すごく大切な基本のケアになります。これがしっかりできていると、髪質がよくなってきて、これからでも改善できます。

 ヘアは、髪の毛と頭皮、それぞれ別で考えます。髪の毛は、とにかくキューティクルがはがれないように丁寧にケアしていくことが大切です。

 頭皮は緩んでくると毛が落ちやすく、抜けやすくなってきます。頭皮をしっかりとケアしてあげることで、きゅっと頭皮が引き締まります。髪の「土壌」がよくなれば、毛も抜けにくくなりますし、いい毛が生えてきます。

 正しいシャンプーにはブラッシングがとても大切です。シャンプー前に30秒、ブラッシングすると、髪の毛の絡まりがほぐれて、シャンプーが通りやすくなります。また頭皮の汚れが取れ、頭皮の血行促進にもなります。これだけでも毛質は全然変わってきますので、お風呂に入る前から、しっかりと全体的にとかしてください。

 できれば、頭皮ブラッシング用のブラシを使ってください。目の細かいものよりも、ちょっと粗いものがよいでしょう。整髪料や毛穴に入った汚れを落とすだけでなく、血行促進をイメージして、できるだけ横から沿わせます。襟足の部分にも使ってみてください。

 この話は、朝日カルチャーセンター新宿教室で2018年3月14日にあったReライフおすすめ講座「50代からの素敵(すてき)に簡単ヘアアレンジ」の採録、第1回です。次回は正しいシャンプー法の続きとトリートメントについてです。

尾谷 一葉 (おたに・いちよう) 資生堂美容学校卒業後、株式会社資生堂美容室勤務。2000年、お客様に「おもてなし」の気持ちをもって、じっくり対応するため一葉化粧塾を開業。一般女性に向けたメイクレッスンのほか、企業・病院・イベントなどで、美容講座を開催。無料メール講座やメイクレッスンの問い合わせは、以下のURLから。
http://www.firstmakeuplesson.com/

関連記事

イベント・講座開催リポートの関連記事

PAGE TOP