ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

ポイントは「頭皮に油分」 簡単なのに効果的なヘアケアとは 

Reライフおすすめ講座「50代からの素敵に簡単ヘアアレンジ」その4

更新日:2018年07月03日

 正しいシャンプーやトリートメントの方法、美容院の選び方が一通り分かったら、さらにひと手間加えましょう。一葉化粧塾の尾谷一葉代表が、大人の髪の悩みをチャンスに変えるヘアケアの奥義を教えます。

 ◇

 シャンプーは絶対夜がお勧めです。寝癖の心配がないので、朝シャンプーしたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、朝、紫外線に洗いたての髪をさらすと逆に傷んでしまいます。夜にしっかりとケアしてください。

 トリートメント中に一手間加える裏技をいくつか紹介します。

 シャンプーの後、しっかり保湿する時間を置くと効果があります。トリートメントをつけた髪をスチームタオルで巻いて、その上からシャワーキャップをかぶって保湿するのです。

 毎日毎日、スチームタオルを巻くのも大変という方には、トリートメント剤をつける前に手のひらで温めてみてください。これだけでも浸透が違ってきます。

 「毛艶(けづや)がなくなってきたな」と思う方には、オイルのトリートメントがおすすめです。髪をしっかりブラッシングして、ツバキ油やアンズ油を頭皮になじませて、少しマッサージします。その後に、シャンプーとリンスをすると、しっとりします。1週間に1回ぐらいは、こうしたケアをするといいと思います。頭皮に油分はとっても大切なんです。

 就寝中も簡単にできるヘアケアがあります。

 枕との摩擦で髪がこすれて切れてしまったり、ぱさつきがでてしまったりします。ナイトキャップはしっかり保湿してくれるので効果的です。髪を緩く結ぶのでもいいです。特にロングヘアの方は、寝る前に、緩く結んで、垂らすことが大切です。

 フード付きパーカをパジャマにしても気持ち悪くないと思う方は、フードをかぶって寝るのもとてもいいことです。

 この話は、朝日カルチャーセンター新宿教室で2018年3月14日にあった朝日新聞Reライフおすすめ講座「50代からの素敵(すてき)に簡単ヘアアレンジ」の採録、第4回です。次回はドライヤーの正しい使い方です。

尾谷 一葉 (おたに・いちよう) 資生堂美容学校卒業後、株式会社資生堂美容室勤務。2000年、お客様に「おもてなし」の気持ちをもって、じっくり対応するため一葉化粧塾を開業。一般女性に向けたメイクレッスンのほか、企業・病院・イベントなどで、美容講座を開催。無料メール講座やメイクレッスンの問い合わせは、以下のURLから。
http://www.firstmakeuplesson.com/

関連記事

イベント・講座開催リポートの関連記事

PAGE TOP