アクティブ世代の自分らしい生き方を応援する大人の文化祭「朝日新聞ReライフFESTIVAL@home」をオンラインで 2月27日(土)~28日(日)に開催します。
ここでしか見られない限定プログラムが目白押し。
ご自宅でトークショーやセミナー、講演などをお楽しみいただけます。お見逃しなく!

開催概要
開催日

2021年2月27日(土)~2月28日(日)
見逃し配信
2021年3月1日(月)~3月5日(金)24時間いつでも視聴可

主催

朝日新聞社

協賛

住宅金融支援機構、科研製薬、レディースアートネイチャー、
ファンケル、RIZAP、ネスレ日本ネスレヘルスサイエンスカンパニー、ショップチャンネル ほか

協力

日本抗加齢医学会、文芸社

視聴方法

プログラム一覧はこちら

TIME TABLE
2月27日(土)
2月28日(日)
9:30

Reライフ寄席・落語口演
※見逃し配信はありません。

柳亭市馬 師匠

りゅうてい・いちば/1980年3月に五代目柳家小さんに入門。1993年9月、真打ち昇進。1995年に平成7年度国立演芸場花形演芸大賞を受賞。2014年には落語協会会長に就任。古典落語の文字通り「旗手」として活躍中。得意ネタは高砂や、青菜、堪忍袋、味噌蔵など。噺(はなし)の中で披露される、持ち前の美声を生かした歌声にはファンも多く、2008年には歌手デビューも果たしている。

“人生100年時代”だからこそ考える
豊かな暮らしと住まいとお金【初級編】

(協賛)住宅金融支援機構

菊池桃子さん

きくち・ももこ/1984年芸能界デビュー。デビュー以来、女優・歌手活動のほか、CM・ラジオ・講演など多彩な方面で活躍。2012年3月法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。その後、母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア形成論等の講義を担当している。また、メンタルケアカウンセラーの資格を保持している。現在、「人生の楽園」(テレビ朝日系)、「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(文化放送)にレギュラー出演。Youtubeにて菊池桃子のYoutubeラジオ「今日もお疲れ様です。」配信中。

ファイナンシャルプランナー

畠中雅子さん

はたなか・まさこ/新聞・雑誌・ウェブに約20本の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などをおこなう。教育資金アドバイスをおこなう「子どもにかけるお金を考える会」。高齢者施設への住み替え資金アドバイスをおこなう「高齢期のお金を考える会」などを主宰。自宅のほかに、複数の不動産を所有し、住宅ローンのアドバイスも得意としている。著書・監修書は、「貯金1000万円以下でも老後は暮らせる! 」(すばる舎)ほか、70冊を超える。現在は趣味のほうで、世界中のミニチュア展示施設を見学中。

11:30

人生100年時代の「小説」
(共催)文芸社 ※講演前にReライフより発表があります。

内館牧子さん

うちだて・まきこ/脚本家・作家 1948年秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業。三菱重工業で13年間のOL生活後、’88年脚本家としてデビュー。NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」、NHK大河ドラマ「毛利元就」、「私の青空」など作品多数。週刊朝日でコラム「暖簾にひじ鉄」も連載中。相撲に造詣(ぞうけい)が深く、女性で初めて横綱審議委員に就任したほか、東北大学相撲部総監督なども務める。「終わった人」「すぐ死ぬんだから」に続く小説「今度生まれたら」を2020年12月に刊行。

“人生100年時代”だからこそ考える
豊かな暮らしと住まいとお金【実践編】

(協賛)住宅金融支援機構

菊池桃子さん

きくち・ももこ/1984年芸能界デビュー。デビュー以来、女優・歌手活動のほか、CM・ラジオ・講演など多彩な方面で活躍。2012年3月法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。その後、母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア形成論等の講義を担当している。また、メンタルケアカウンセラーの資格を保持している。現在、「人生の楽園」(テレビ朝日系)、「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(文化放送)にレギュラー出演。Youtubeにて菊池桃子のYoutubeラジオ「今日もお疲れ様です。」配信中。

ファイナンシャルプランナー

畠中雅子さん

はたなか・まさこ/新聞・雑誌・ウェブに約20本の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などをおこなう。教育資金アドバイスをおこなう「子どもにかけるお金を考える会」。高齢者施設への住み替え資金アドバイスをおこなう「高齢期のお金を考える会」などを主宰。自宅のほかに、複数の不動産を所有し、住宅ローンのアドバイスも得意としている。著書・監修書は、「貯金1000万円以下でも老後は暮らせる! 」(すばる舎)ほか、70冊を超える。現在は趣味のほうで、世界中のミニチュア展示施設を見学中。

13:15

2021年のプロ野球と野村克也さんの教えを聞く

宮本慎也さん

みやもと・しんや/大阪府生まれ。小3で野球をはじめ、大阪・PL学園高2年の夏甲子園で優勝。同大、社会人野球プリンスホテルを経て、1994年ドラフト2位でヤクルト入り。堅守巧打の内野手として活躍し、野村克也監督、若松勉監督の下で3度の日本一も経験。2004年アテネ、08年北京五輪で主将を務め、アテネで銅。06年のWBCでは優勝。2012年にプロ通算2000本安打と通算400犠打を達成。翌年13年に現役を引退。ゴールデングラブ賞10回、ベストナイン1回。18?19年にヤクルトの1軍ヘッドコーチも務めました。現在はNHK解説者、日刊スポーツ専属評論家などの活動で野球に携わっています。

生島ヒロシさんと学ぶ つめ水虫と足のケアのお話

(協賛)科研製薬

生島ヒロシさん

いくしま・ひろし/1950年宮城県気仙沼市生まれ。1971年単身渡米、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒。1976年TBS入社、ラジオ番組を振り出しにアナウンサーとして活躍。1989年独立。その後、ファイナンシャルプランナー、防災士、eco検定、ヘルスケアアドバイザー、金融知力インストラクターなどの資格を取得。現在、TBSラジオ系『生島ヒロシのおはよう定食・一直線』等のレギュラー番組、講演等多方面で活躍。

済生会川口総合病院 皮膚科部長
日本皮膚免疫アレルギー学会 評議員
日本フットケア・足病医学会評議員
(社)足育(ソクイク)研究会代表


皮膚科医 高山かおるさん

たかやま・かおる/接触皮膚炎、フットケアを専門とし、東京医科歯科大学附属病院にて足の問題を根本から解決するための装具外来、メディカルフットケア外来、歩行教室を併設するフットケア外来を開設している。健康な足を保つ重要性について著書や講演、マスコミを通して啓発をおこなってきたが、活動を広げる目的で一般社団法人足育研究会を設立。

田村あゆちさん

たむら・あゆち/オーストラリア、アメリカで10年間を過ごし、米ミシガン大学卒業後帰国。東京大学大学院医学系研究科で人類遺伝学を専攻、修士課程修了。遺伝子研究から転身後、テレビ・ラジオ出演のほか、健康・医学系のシンポジウムのコーディネーターを務める。

15:00

トーク&ライブ

海援隊

1971年、武田鉄矢、中牟田俊男・千葉和臣の三人でフォークグループ「海援隊」結成し、音楽活動をスタートさせる。1972年アルバム「海援隊が行く」でデビュー。翌年、大ヒット曲「母に捧げるバラード」をリリースし、1974年 NHK紅白歌合戦初出場を果たす。1979年、TBSテレビ「3年B組金八先生」にボーカルの武田鉄矢出演。同時にドラマ主題歌である「贈る言葉」は大ヒットとなり、TBS「ザ・ベストテン」 においてヒットチャート第1位も獲得する。1982年に解散し、それぞれがソロ活動を始めるも1994年に「海援隊」を再結成。ツアー活動も再開する。

“話す”と“聴く”から考える介護コミュニケーションの魅力

[Sponsored] 朝日新聞社・厚生労働省補助事業

林家たい平 師匠

はやしや・たいへい/1988年に林家こん平に入門。2000年、真打ち昇進。2008年には年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。日本テレビ系の長寿番組「笑点」の大喜利メンバーの一人として活躍する一方、年6回行う独演会を中心に全国で落語会を行っている。またその他、テレビやラジオでレギュラー番組を多く持ち、落語家の枠をこえ精力的に活動している。一般社団法人落語協会、常任理事。

町亞聖さん

まち・あせい/埼玉県生まれ。1995年日本テレビアナウンサーとして入社。2011年にフリーに転身。脳障害のため車椅子の生活を送っていた母と過ごした10年の日々、そして母と父をがんで亡くした経験をまとめた著書「十年介護」を小学館文庫から出版。医療と介護を生涯のテーマに取材、啓発活動を続ける。

オンラインの楽しみ方
オンライン配信当日は本ウェブページで視聴いただけます。見逃し配信期間は動画視聴ページで再生ボタンをクリックしてください。
プレゼント
アンケートに答えて素敵な賞品が当たる抽選にご応募いただけます。お楽しみに!
SPONSORED

ー協力ー

PAGE TOP