ReライフTOP >‘’ひとり死‘’時代の葬送と備え

‘’ひとり死‘’時代の葬送と備え


 あなたは、自分のお葬式やお墓をどうしたいと考えていますか? ひとりで人生の最期を迎える人が増えるなか、弔いのあり方も多様化しています。「<ひとり死>時代のお葬式とお墓」(岩波新書)などの著書があるシニア生活文化研究所長の小谷みどりさんが、現代の葬送の現場と社会のあり方、備え方などを連載します。

  • 小谷 みどり(こたに・みどり)

    シニア生活文化研究所所長。2018年末まで第一生命経済研究所に25年余り勤務。大阪府出身。博士(人間科学)。専門は生活設計論、死生学、葬送問題。国内外のお墓や葬儀の現場を歩き、その実態や死生観の変化などを著書などで伝えている。最近の著書は『<ひとり死>時代のお葬式とお墓』(岩波新書)、『ひとり終活』(小学館新書)、『没イチ』(新潮社)など。奈良女子大学、立教セカンドステージ大学で講師をするほか、身延山大学、武蔵野大学の客員教授も務める。

PAGE TOP