ReライフTOP特集腸から始める長寿生活

「大腸活」を共同で啓発、森永乳業など4社 

大腸についての情報発信や商品開発も

更新日:2019年09月26日

 科学の進歩により腸内フローラの研究が進むなか、大腸に注目する企業が増えている。森永乳業、帝人、武田コンシューマーヘルスケアと東亜薬品工業の4社が9月24日、大腸ケアの啓発活動を共同で進める「大腸活コンソーシアム」を設立した。業界の垣根を越えて、「大腸」の健康に関する情報発信をしたり、商品開発を進めたりしていく。

「大腸活コンソーシアム」を設立した森永乳業の兵働仁志執行役員(右端)ら参加4社の代表=9月24日、東京都内

 4社は、ビフィズス菌や酪酸菌、水溶性食物繊維など大腸にかかわる商品を扱っている。今回の設立の背景には、「大腸は全身の健康に関連しているにもかかわらず、『便をつくる器官』としか認識されておらず、その重要性が十分に知られていない」との問題意識がある。

 ビフィズス菌や酪酸菌が水溶性食物繊維などをエサに大腸でつくる短鎖脂肪酸は、全身の健康に
よい作用をすることがわかってきており、今後は、腸内フローラの役割や大腸をめぐる商品について継続的に情報発信したり、地域と連携した啓発の場をつくったりしていくという。

Reライフスペシャル

関連記事

腸から始める長寿生活の関連記事

PAGE TOP