ReライフTOP特集連載・コラム

簡単!自宅でできる筋力トレーニング 

上質なくらしと健康を楽しむ Reライフマガジン「ゆとりら」春号より

更新日:2017年08月22日

上半身と下半身 筋力をバランスよく

 猫背を直す、もしくは猫背にならないためには、特に体の5カ所の筋肉をつけると効果的です。腸腰筋腰多裂筋は体の最も深部にあるインナーマッスルで、共に背骨の腰椎のカーブをキレイに保つ役割があります。そして内ももの内転筋群の筋力がつくと、腰多裂筋と一緒に働き、歩くときに背すじが伸びてキレイな姿勢になります。逆に内転筋が弱いと膝が曲がり、重心が低くなるため姿勢が悪く見えてしまいます。


 上半身では肩甲骨の周囲にある前鋸筋菱形筋が重要です。肩の肩甲骨が不安定だと、胸筋や首の筋肉が硬くなります。それが進むと猫背のような悪い姿勢になってしまいます。前鋸筋と菱形筋は肩甲骨の外側と内側についていて、肩甲骨を安定させる働きがあります。

姿勢を整える筋肉を意識して鍛えましょう

 筋力トレーニングは効果を感じにくいと、やめられてしまう方も多いです。しかしトレーニングをおこない、1~2週間ほどで「歩きやすくなった」と感じる方もかなりいらっしゃいます。正しい動作で、最大限力を入れ続けることがトレーニングの効果を上げてくれます。姿勢を良くするための筋肉がバランスよくつきます。毎日5~10分、自宅で軽い運動をする気持ちで、ぜひ始めてみてください。

イラスト/岡本典子

 本記事は、『ゆとりら』春号の特集「まっすぐな背すじ」から一部抜粋しています。

記事を監修した理学療法士の笹川大瑛さんがReライフ講座「筋力の老化を防ぐ 簡単筋トレのすすめ~内もも・腰・肩甲骨~」に登壇します。

 講座では、加齢とともに特に弱りやすい腰、太ももの内側、股関節の付け根、肩甲骨の周りなどのトレーニング方法を実演。道具を使わずシンプルな動きでできる、効果的な筋トレを学びましょう。

Reライフおすすめ講座:筋力の老化を防ぐ 簡単筋トレのすすめ~内もも・腰・肩甲骨~
日時:2017年12月2日(土)15:30~17:00 詳しくはこちら
笹川 大瑛 (ささかわ ひろひで)
理学療法士。島田病院(大阪)で2年間、脳卒中の患者らの機能回復をサポート。現在は要町病院(東京)勤務。高齢者やスポーツ選手へのリハビリを専門とする。

 『ゆとりら』夏号の大特集は「ぐっすり朝まで眠りたい」。加齢とともに増す「眠れない」の悩みにすべて答えます。ブーム再燃の麹の秘密をさぐるため、京都の麹問屋を訪ねた企画。「女の人生は美容室が知っている」では、美容師さんだからこそ知る女性たちの赤裸々な告白を披露。初心者のための宝塚ガイドでは、姿月あさとさんが登場。
 そして、スペシャルグラビア&インタビューは、いま最も旬なオトコ、高橋一生さんが登場します。

詳しくは「Reライフマガジン「ゆとりら」第2弾!夏号 発売」ページでご紹介しています。

定価:880円(税込み)
判型:A4判変型164ページ
お近くの書店、ASA(朝日新聞販売所)などでお求めください


関連記事

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP