ReライフTOP特集連載・コラム

若い頃のようなボディラインは不自然!? 無理せずほどほど補整に 

きょうもキレイ 下着で若々しく:1

更新日:2018年01月23日

 年齢を重ねた女性の美しさは、下着によって引き出されます。私は主な顧客層が50、60代という下着メーカーに20年近く勤め、お客様に採寸や試着のアドバイスをしてきました。この年代は様々な悩みを抱えています。サイズが合わない、ずれる、きつい、肩が凝る……。縫い目やタグが気になったりかゆくなったりするのは、更年期の肌が敏感なせい。生理用ショーツがなぜかよく売れるので調べると尿漏れ対策と聞いて驚いたこともありました。

 女性は年齢とともに肉質がやわらかくなり、バストやヒップは下がり、ウエストに脂肪がつきます。20、30代と同じ下着では、肉がはみ出したり、背中やおなかに段差が出来たりして、着心地が悪くなるのは当然なのです。

 大人の女性の「きれいな体形」とは、ボディーラインが滑らかで、優しさが感じられるものだと私は考えています。若いころのようなバストは上へ向き、ウエストが極端にくびれた体形には戻れるはずもなく、かえって不自然です。

 無理せずスタイルよく見せたい場合は、ほどほどの補整力があるブラジャーやガードル、ボディースーツなどの「ファンデーション」を着ることをおすすめします。腰痛や猫背にも効果的です。高価なものを買う必要はありません。正しい知識を持ち、自分に合った商品を選ぶ目を養ってください。=全5回


(2017年9月18日付け朝日新聞朝刊「Reライフ」面)

おぬまともこ

インナーウエアコンサルタント。大手下着メーカーにて、インナーウエアのインストラクターとして幅広い年齢層の女性へのアドバイスを経験。 退職後、株式会社レイクレットを設立し、新聞や雑誌のインナーウエア特集企画、TVでの下着の紹介をしている。NHK「あさイチ」やラジオにも出演するなど活躍中。著書には「40 代からの健康になる下着活用術」(旬報社)、「10 歳若返るインナーの魔法!」(さくら舎)がある。

きょうもキレイ/下着で若々しくの連載

Reライフスペシャル

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP