ReライフTOP特集連載・コラム

体重が3キロ変わればブラジャーは合わなくなる 必ず試着を 

きょうもキレイ 下着で若々しく:2

更新日:2018年01月23日

 ブラジャーのつけ心地に満足していますか? 私は下着の試着・調整を長年指導してきた経験から、「体重が3キロ変われば、それまでのブラジャーが合わなくなる」と感じています。年齢を重ねたバストはほとんどが脂肪で柔らかく、意外と重く、次第に下がってきます。胸元がそげて見えるようにもなります。

 50歳以上でよくあるのはブラジャーのサイズが小さすぎるケース。カップに収まり切れない肉がわきへはみ出しているほか、重いバストを支えるストラップが細すぎて肩の同じ場所がへこんでいたり、アンダーサイズがきつくて背中に段ができていたり。

 だから試着は大切です。素材やデザインで伸縮性が異なるため複数を比べましょう。例えばサイズB75の人なら同じメーカーのA75とC75、さらに別メーカーのB75も。

 無理せずスタイルよく見せたい場合は、ほどほどの補整力があるブラジャーやガードル、ボディースーツなどの「ファンデーション」を着ることをおすすめします。腰痛や猫背にも効果的です。高価なものを買う必要はありません。正しい知識を持ち、自分に合った商品を選ぶ目を養ってください。=全5回


(2017年9月25日付け朝日新聞朝刊「Reライフ」面)

おぬまともこ

インナーウエアコンサルタント。大手下着メーカーにて、インナーウエアのインストラクターとして幅広い年齢層の女性へのアドバイスを経験。 退職後、株式会社レイクレットを設立し、新聞や雑誌のインナーウエア特集企画、TVでの下着の紹介をしている。NHK「あさイチ」やラジオにも出演するなど活躍中。著書には「40 代からの健康になる下着活用術」(旬報社)、「10 歳若返るインナーの魔法!」(さくら舎)がある。

きょうもキレイ/下着で若々しくの連載

Reライフスペシャル

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP