ReライフTOP特集連載・コラム

奥深い味わいの唐辛子 脂肪燃焼効果でダイエット 

常備菜でからだにいいこと 手づくり健康食品 (6) 唐辛子

更新日:2018年09月12日

 和洋中のジャンルを問わず、料理に辛みを加えられるスパイス。唐辛子の代表的な成分はカプサイシンです。これは辛みのもととなるもので、種子や皮に多く含まれます。この成分は体温を上げて発汗を促したり、エネルギー代謝を高めて脂肪を燃焼させたりすることから、ダイエット効果が期待できます。食べ過ぎると胃腸障害などを引き起こすおそれがあるので、適量を取り入れましょう。

具だくさんラー油

 たっぷりの香味野菜と干しえびで作る、濃厚な調味料。トッピングにしたり、料理の味つけに使ったりすれば、複雑な味わいが手軽に楽しめます。

材料(作りやすい分量)
A 長ねぎ(青いほう)…1/2本
 にんにく・しょうが…各70g
干しえび(殻つきでもよいが、むき干しえびがおすすめ)…50g
B 粗びき粉唐辛子…大さじ4
 赤唐辛子(みじん切り)…山盛り大さじ2
C しょうゆ・砂糖…各小さじ1
 塩…小さじ1と1/2
ごま油・サラダ油…各100ml

作り方
1 A はみじん切りにし、干しえびは粗みじん切りにする。
2 フライパンに1、ごま油、サラダ油を入れて中火にかける。温まってきたら弱中火にし、ときどき混ぜながら15分ほどじっくり煮る。
3 2 に B を加え、かき混ぜながら5分ほど煮る。火を止めて C を混ぜ、冷ます。
4 保存容器に入れ、常温で1日ほどなじませる。

食べごろと保存について
すぐに食べられるが、1週間ほどおくと旨みが増す。1日1回かき混ぜるとよい。保存は冷蔵庫で。腐敗など変化がなければ、ずっと食べられる。

主な効能

食欲を増進させる 血行を促進する 脂肪燃焼を助ける

<具だくさんラー油を使ったメニュー 例>バンバンジー

 蒸し鶏1/2枚を食べやすく切り、器に盛る。具だくさんラー油大さじ1~2にしょうゆ小さじ1を混ぜてかける。お好みで、刻んだパクチーをのせる。

 この連載では、「常備菜でからだにいいこと 手づくり健康食品」(朝日新聞出版)のなかから、日本の伝統的な調味料(酢、みそ、しょうが)などを取り上げ、その常備菜とアレンジメニューを紹介していきます。

常備菜でからだにいいこと 手づくり健康食品
健康美食ラボ / 朝日新聞出版 編著
定価 1296円(税込)

「作りおき」「自然ぐすり」の2大テーマで、健康になれる『作りおき健康食品』を効能別などで紹介。その保存食を毎日取り入れる際におすすめの料理やアイデアレシピなども豊富に収録。

関連記事

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP