ReライフTOP特集連載・コラム

見過ごすな 柔らかアタマでチャンスをつかめ 

藤原和博の正解のない人生相談 (2)

更新日:2018年09月27日

 教育改革実践家の藤原和博さんが、迷える中高年に助言する連載。今回の相談者は、退屈な毎日を変えるようなチャンスを待つ男性です。チャンスは、目の前に来たときはそれと気付かないものだと、藤原さんは言います。それを逃さない秘訣とは……

 ◇

 定年退職して10年。勤めていた頃は、それなりに出世もし、幸運な会社人生だと思っていました。でも今、人生を振り返る時、あれはたまたま右肩上がりだった経済に乗っていただけだったのだと、自信が持てない自分がいるのです。そんなことを考えるのも、刺激のない毎日に鬱々(うつうつ)としているからかもしれません。もう、この退屈な人生を変えるようなチャンスに巡りあうことは、ないのでしょうか。こんなことを考えるのも、自分が老いたからなのでしょうか。(東京都 男性 70歳)

 のっけから、何の話かと驚かれるかもしれないが、時計の話をします。実は私、同じ腕時計を40年使い続けていました。中学の時に買ってもらったもので、1万円台の安物です。

 それが妙に気に入り、止まれば修理を繰り返して、もう20万円ぐらいかけていた。それが、ついに「もう直せません」と言われて、新調を考えたのが2008年のことです。

 ちょうど、東京の区立中で校長を5年やり、退任間近だったので、「卒業祝い」として高い腕時計を買うのもいいかと考えた。それで、高級時計の雑誌を集めて探したのですが、気に入るものがなかった。日本らしい、日本の職人の技を結集したようなモデルが欲しかったのですがね。

 なので、理想の時計のスケッチを描いて、こんなのはないですかと、あちこち聞いて回ったりした。そんな時、清水新六さんという方に出会ったのです。OEM(相手先ブランドで販売される製品の製造受託)で時計を作る会社を率いる、元セイコーの技術者です。

 OEMは、千個以上のオーダーが必要なのは知っていましたが「お金を出せば、1個からでも作ってもらえますか?」と、聞いてみた。すると、50個からなら可能だという。それなら「知り合いを50人集めれば何とかなるんじゃないか」と、むちゃなことを考え、事業化しました。

 漆塗りの藍色の文字盤に小さなだいだい色の月が浮かぶデザイン。値段は約25万円。製作過程をネットで公開して購入者を募ったら、なんと1カ月で完売してしまった。それで、デザインや価格を変えて第2弾、第3弾と出すうち、もう10弾目です。最初の50個でおしまいのつもりだったんですがね。

 今にして思えば、清水さんとの出会いはチャンスだった。その時はそうは思わずに即断したのですが。でも、チャンスをつかむってそういうもの。目の前に来た時、それがチャンスだとは気付かないことの方が多いんじゃないか。チャンスは、60歳になろうと70歳になろうと、前を通る。それに、ガッと飛びつけるかどうかなんです。

 そのためには、アタマを柔らかくしておかなければ。教科書的な思い込みに縛られたアタマでいると、通り過ぎるチャンスに即応できない。正解のない世界で、自分なりの仮説を作っては試行錯誤しながら、つながる人の力も借りて「納得解」をクリエイトする。

 チャンスをつかむには、そんな柔らかアタマが必要。そして、アタマを柔らかくするには、素直な好奇心がいる。好奇心が失われているとしたら、それは老化しているってこと。年齢とは関係ない。「好奇心」の反対語は「無関心」と言われるが、ひょっとすると「老化」なんじゃないか。

 素直な好奇心を失うことなく、柔らかアタマで、教科書的な解に縛られない。それができれば、いつまでも若々しくチャンスをつかむことができる。僕は、そう信じていますよ。

 人生100年時代。60代からの第二の人生は、悠々自適の毎日が待っているのかと思いきや、悩み深い日々を送っている人が少なくありません。あなたが今60歳なら、日本人の平均寿命に照らして、3050代に過ごした時間に匹敵する余生が残されていることになります。その長さを持て余しているのだとすれば、もったいないこと。第二の人生を悔いなく過ごすために、今できることは? 教育改革実践家として「正解のない問題」に挑み続けた藤原和博さんが、同時代を生きる皆さんの悩みに答えます。

藤原 和博(ふじはら・かずひろ) 

教育改革実践家。1955年、東京都生まれ。リクルート社フェロー、東京都杉並区立和田中校長、大阪府知事特別顧問、奈良市立一条高校長などを歴任。正解のない問題に取り組む「よのなか科」というアクティブラーニング法を開発し、広めている。著書に「人生の教科書 よのなかのルール」(共著・ちくま文庫)、「坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと」(ポプラ社)、「戦略的『モードチェンジ』のすすめ 45歳の教科書」(PHP)など。

藤原和博の正解のない人生相談の連載

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP