ReライフTOP特集連載・コラム

引きこもる夫は放っておけ どん底に落とすが吉 

藤原和博の正解のない人生相談 (3)

更新日:2018年10月11日

 教育改革実践家の藤原和博さんが、迷える中高年に助言する連載。今回の相談者は、定年後に家でため息をつく夫を変えたい妻です。藤原さんは「荒療治」を勧めました。

 今年定年した夫のことでご相談です。夫は無趣味というわけではないのですが、最近はいつも部屋でごろごろ。私がやかましく言うので、一時は図書館などに通っていたのですが長続きしませんでした。私は、近所の仲間とヨガやカラオケで楽しく過ごしているつもりなのですが、家で夫がため息をついているのを見ると、つい心配になります。どうすればもっとアクティブな夫に変えることができるでしょうか。(千葉県 女性 60歳)

 困りましたね。でも、ここは旦那のことは放っておいて、ご自身のコミュニティーでの取り組みに邁進(まいしん)することをお勧めしますよ。なんて、身もふたもないアドバイスだと思われるかもしれませんが、奥さんが旦那さんを変えよう、プロデュースしようとすることには、本質的に無理があると思うのですよね。

 改めて、男性と女性の違いを考えてみましょうか。みなさん、あまり自覚はないかもしれませんが、男性と比べて女性には、人生をモードチェンジする機会がたくさんあるのです。髪形やファッションといった小さなものから、子どもを産んで母になるといった大きなものまで。もちろん男性だって髪形を変えることはできますよ。でも、そのバリエーションは女性よりもずっと限られます。父になることはできても、出産するわけではないので、そこに本質的な変化はありません。

 子育てが手から離れるようになると、モードチェンジに慣れている女性は、地域のコミュニティーへと足を踏み出します。将来の自分の居場所を、積極的に探し始めるのです。
 でも男性は違います。特に6065歳まで単一組織に属し、モードチェンジの機会に恵まれなかった人は、定年後に「会社モード」から「個人モード」への切り替えがうまくできません。それで、スケジュール帳が埋まらない日々が続くと不安になって、朝から図書館に出かけてみたりするのです。

 定年後、未知のコミュニティーにデビューしようという時、求められるのはコミュニケーション力です。本来は4050代のうちに会社の外に自分のサブコミュニティーをつくり、そこで名刺に頼らないコミュニケーション力を身につけておくべきなのです。
 ところが、定年まで同じ会社にいて、日常会話の9割は仕事絡み、しかも、ある程度出世してからは、部下がお膳立てする中でしか勝負してこなかったという人がいます。そんな人は、帰宅しても口を開けば「メシ。フロ。寝る」ぐらいで、基本ダンマリ。そんな人って、人間関係を円滑にするような「ムダ話」ができないから、定年後の地域デビューに失敗しがちなんです。それを、今さら妻の力で何とかしようとしても、無理があるとは思いませんか。

 だからこの際、家に引きこもる旦那は放っておく。いったんどん底まで突き落としてしまうのです。孤独のどん底まで落ちれば、意外とそこから跳ね返ってくるかもしれませんよ。
 私は「入射角=反射角の法則」と呼んでいるのですが、急角度で落ちるほどに、跳ね返ってくる勢いは大きくなる。これはある意味賭けですが、どん底から跳ね返ってくる力を持っている男性は少なくないと思いますよ。
 どん底から跳ね返ってきた人は、そのショックでモードチェンジを果たします。昔の肩書ではなく、素の自分で付き合う。そんなコミュニケーションを目指すようになるはず。

 獅子は我が子を崖から突き落とすと言うじゃありませんか。あなたが夫を変えるのではなく、変わるように仕向ける。妻のあなたがするべきは、それだと思うけどなぁ。

 人生100年時代。60代からの第二の人生は、悠々自適の毎日が待っているのかと思いきや、悩み深い日々を送っている人が少なくありません。あなたが今60歳なら、日本人の平均寿命に照らして、3050代に過ごした時間に匹敵する余生が残されていることになります。その長さを持て余しているのだとすれば、もったいないこと。第二の人生を悔いなく過ごすために、今できることは? 教育改革実践家として「正解のない問題」に挑み続けた藤原和博さんが、同時代を生きる皆さんの悩みに答えます。

藤原 和博(ふじはら・かずひろ) 

教育改革実践家。1955年、東京都生まれ。リクルート社フェロー、東京都杉並区立和田中校長、大阪府知事特別顧問、奈良市立一条高校長などを歴任。正解のない問題に取り組む「よのなか科」というアクティブラーニング法を開発し、広めている。著書に「人生の教科書 よのなかのルール」(共著・ちくま文庫)、「坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと」(ポプラ社)、「戦略的『モードチェンジ』のすすめ 45歳の教科書」(PHP)など。

藤原和博の正解のない人生相談の連載

連載・コラムの関連記事

PAGE TOP