ReライフTOP特集だから同窓会は面白い

83歳の義母が、その日を心待ちにする理由 

「同窓会」テーマに読者会議メンバー座談会@東京・新橋の居酒屋 (1)

更新日:2018年07月25日

 帰省の時期になると、「昔の仲間で集まろう」という話が出ませんか? 同窓会や仲間が集まる機会は、楽しみでもある一方、「顔を出しづらい」「みんなと会うメリットがない」と考える人もいるようです。魅力はどこにあるのか? 同窓会参加経験があるメンバー6人が居酒屋に集まり、意見交換しました。3回にわたってお届けするリポートの第1回は、「同窓会が、年を重ねるにつれて楽しくなる理由」が詰まっています。

写真手前左から時計回りに村松寛一さん、村尾基雄さん、菅谷要子さん、高田かおりさん、内海かおるさん、直井知廣さん

同窓会に参加できることが「幸せ」 

 中学校の同期が集まる同窓会の幹事を務めた経験を持つ菅谷さんは、元々は同窓会にあまり乗り気でなかったそう。しかし実際に同窓会に参加したことで、その意識が変わったといいます。

 「私が通った学校は進学校だったので、競争意識が強かった。中学は競争で暗黒だったという人もいたし、自分も本当は参加したくなかった。けれど、いざ集まって同級生と当時の話をして、いろいろなことを思い出したら、中学時代も楽しかったのだなと意識が変わりました」(菅谷さん)

 菅谷さんの話を受け、幹事の経験が豊富な高田さんもうなずきました。

 「卒業時に先生が、同窓会に出られるのは幸せなんだとおっしゃいました。それを、今は実感しています。なかには事情があって出られないという人もいますから」(高田さん)

 「仲間と連絡が取れるし、同窓会に参加できる金銭的・時間的な余裕もある。そういう条件がそろって参加できる人は、確かに幸せですね」(村松さん)

「服装」は意外とノープロブレム

 高校卒業後、茨城から東京に出てそのまま横浜へ嫁いだという内海さんも、菅谷さんと同様、同窓会にはあまりいい印象を持っていなかったそう。

 その理由の一つに、女性同士の静かな“バトル”があったようです。

 「昔は同窓会に出ると、着ているもの、持ちもの、容姿を比べられるのが嫌だった。それが一時期、同窓会から足が遠のいた理由の一つでもありました。でも30年ぶりに50歳を過ぎて参加した同窓会では、もうそんなことを気にすることはなくなりましたね。むしろ、人と比べるのではなく、前向きに楽しもうと、『和服を着て行きたいな』って、余裕を持って前向きに楽しむようになりました」(内海さん)

 せっかくの旧友との再会の場。おしゃれを気にして他人と比べ合うよりも、思いきり楽しみたいという意見には一同が大きくうなずき、さらに会話が弾みました。

 「若い頃はどうしても容姿を気にしてしまうけれど、5060代になると人生が顔に出てきますよね。キレイだなと思うのは、幸せが顔に出ている人。そんな人と再会すると、本当にうれしいです」(高田さん)

 「逆に、絶対に同窓会に出たがらない人もいました。学生の頃はかわいいって言われてモテていたけれど、今の姿はみんなに見られたくないと言っていました」(菅谷さん)

 「見た目だけではなく、学生の頃成績優秀だったのに社会へ出たらパッとしない人も、同窓会に顔を出しにくいのかもしれない」(村松さん)

 男性は同窓会のとき、服装についてどんな点に気をしているのかという質問が村尾さんに飛ぶと、以下のように答えました。

 「僕の場合、下はスラックス、上はカジュアルなシャツでした。スーツだと硬いけれど、ラフすぎるのも考えものかと思いましたので。ドレスコードを事前に教えてもらえるとありがたいですね」(村尾さん)

 服装はフォーマルか、カジュアルかという点は、多くの人が同窓会で悩むポイントのようです。

同窓会が人生のハリになる

 座談会も終盤に差し掛かったころ、内海さん、菅谷さんからこんなエピソードが紹介されました。

 「私の義母は83歳の今も、年に一度の同窓会を心待ちにして可能な限り参加しています。病気をしても、同窓会に参加することを励みにリハビリなどに精を出しているんです」(内海さん)

 「みんなが還暦を迎える記念の同窓会のときには、130人が集まって、会場でフォークダンスをしました。みんな楽しそうな顔だったのが本当に印象的で。会場のスタッフの方も、皆さんお元気ですね、と感心していましたね」(菅谷さん)

 同窓会は、一度参加すると「行きづらい」「楽しくない」「気まずい」などの先入観がなくなり、楽しい「ハレの場」へと変化するようです。

 「40代ぐらいまでは子育てもあり、仕事もあり、上を目指す気持ちもある。そういった競争や忙しい日々が一段落ついた私たちの世代から、本当に同窓会が楽しくなるのかもしれないですね」(高田さん)

<参加したメンバー>
村松寛一さん(56)神奈川県
直井知廣さん(67)神奈川県
村尾基雄さん(52)千葉県
内海かおるさん(56)神奈川県
高田かおりさん(59)東京都
菅谷要子さん(74)神奈川県


<協力/有薫酒蔵~高校よせがきノートの店~>
http://www.shinbashi-yukun.com/


関連記事

だから同窓会は面白いの関連記事

PAGE TOP