ReライフTOP特集人生100年時代の"筋活"

プロスポーツ選手に学ぶ、ケガをしないカラダづくり 

「R-body」のコンディショニングコーチ・高田章史さん インタビュー

更新日:2018年06月27日

 「生きている間は、元気に動き回れるカラダでいたい」。私たちの多くが望む願いです。でも、筋力が衰えるとケガが増え、70代で歩けなくなるかもしれない。そうならないために、どうすれば良いかーー。

 年齢を重ねてもケガをしないカラダづくりの秘訣(ひけつ)は、プロスポーツ選手のメンテナンス方法にあるようです。今のカラダの状態をより良くするためのプロセスのことを「コンディショニング」と呼び、この分野でプロスポーツ選手たちのサポートを手がける一方、一般の方に向けたサービスを提供するコンディショニングセンター「R-boby 大手町店」のトレーナー(コンディショニングコーチ)、高田章史さんに聞きました。

――50代以上の方々に悩みが多い症状は何でしょうか?

 慢性的な肩こり、腰痛が一般的ではないでしょうか。それらは大概、姿勢や動作不良によって起きると考えられます。女性の腰痛は、体幹の機能が低下し、反り腰になってしまうことによって起こることが多いです。そして、その体幹の機能は、呼吸がうまくできないことによって起こることもあります。

 皆さん、マッサージなど直接的に患部に働きかけて痛みを取る方法を選びます。もちろん、痛みを取るためには必要なプロセスですが、体幹の機能低下によって起こってしまった腰痛であれば根本改善は体幹を鍛えること、つまり運動です。運動によって再発予防をすること、今は痛みがなくても、今後痛みを引き起こさないための予防をすること、が何よりも大事です。

――再発予防するにはどのようなアプローチが必要ですか?

 まずは痛みを起こしてしまった根本原因を知るための体の現状把握が必要です。パフォーマンスピラミッドと呼ばれるものがあります。ピラミッド型を三層に分け、最上層が“スキル”、真ん中は“パフォーマンス”、最も土台となる底辺は “ムーブメント”。スポーツ選手で例えると、最上層はシュートやドリブルといったテクニックです。真ん中は、そのスキルを発揮するためにダッシュをしたり、ジャンプをしたり、相手の動きに反応したり、筋力やパワー、スピードなどの、いわゆる筋トレで養われるもの。筋トレをやっていればスポーツのパフォーマンスが上がると思われがちですが、それだけでは不十分。最も大事なのは底辺にあるムーブメントです。

 人の体には多くの関節が存在しますが、大きく分けると2種類。「動きに適した関節」と「動きに適さない(安定に働く)関節」です。それぞれの関節が正常に働き、全身運動をする際に正しく動かせるかがとても重要です。スポーツ選手が、猫背のままひとまわり体格を良くしたとしてもパフォーマンスが向上するわけではないことは、想像できますよね。それは一般の方も同様なのです。

 例えば、現代病のひとつの肩こり。パソコンや携帯を見ることが多いので頭の位置が前に出る。ボウリングの球ほど重い頭を首の後ろの筋肉が支えるため、過剰に筋肉が働き、それによって肩こりが起こります。このいわゆる猫背が肩こりの原因です。さらに、猫背は肩が動く範囲(可動域)に制限を生みます。猫背のまま自分の頭より上にある物を取ろうとすると腕が十分に上がらないため、腰を反って物を取るという動作不良を引き起こし、腰痛になるケースもあります。

 ですから、痛みの再発予防にせよ、今は痛みがないにせよ、今の自分の体の現状を知ることが全ての始まりなのです。その上で、見つかった自分の体のクセや問題点を改善するための「コンディショニング」に取り組めば、効果的に体が使えるようになり、痛みの改善、より快適な日常生活につながっていきます。

――プロスポーツ選手と一般の人々ではやるべき予防法は違いますか?

 プロスポーツ選手も一般の方も同じです。動作をする上で問題があればともにケガをする。もちろん、競技中は日常生活以上の負荷がかかるため、スポーツ選手特有のアクシデントもあります。また、片側スポーツ(例えばテニスやゴルフ、スノーボード)ではゆがみが生じがち。そのために起こるケガもあります。でもコンディショニングをすることによって両方のバランスを取るように心掛ければケガは予防できるのです。

 一般の人たちに必要な予防法は、自らのクセを知ること、正しい動作を心がけること、この2点です。片側スポーツのプロスポーツ選手だけでなく、日常生活で間違った動作を繰り返すうちに、姿勢不良や動作のクセが生じてしまいます。長年のクセを取り除くのは時間がかかることかもしれませんが、必ず改善するものです。

 私たちの調べでは年齢に関わらず7~8割の人が正しい動作、姿勢ができていないとわかっています。ただし、自分の問題点を改善するためのコンディショニングを継続的に行うことにより、2カ月で5割、4カ月で7割の人が改善するという結果が出ています。何歳になっても体は良くなります。是非、今のご自身を知って健康年齢の維持を図ってください」

(取材・文 金沢由紀子)

高田 章史 「R-body」コンディショニングコーチ

 ケガを予防するための適切なカラダの動かし方・訓練法を助言する「コンディショニングコーチ」。徳島県出身。入社9年目。「痛みの根本改善、痛みが出ない体づくりのための運動指導がしたい」とトレーナーの道へ。現在、痛みを抱えた方の体の機能改善からアスリートのパフォーマンスアップまで幅広く運動指導に携わる。また、R-bodyが提供するサービスやアカデミーのコンテンツ開発も担当。“エクササイズは薬である”の信念のもと、誰もができる各人に合った「コンディショニング」を指導する。

<店舗データ>
R-body 大手町店
東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビルB1F
03-6273-4337
https://r-body.com
「トライアルS・O・A・P®」(カラダ評価)+「トライアルR-Conditioning」(パーソナルコンディショニング)¥10,800

関連記事

人生100年時代の"筋活"の関連記事

PAGE TOP