ReライフTOP特集人生100年時代の"筋活"

スマホ連動の最新体組成計、どれを選ぶ? 

蔦屋家電コンシェルジュがおすすめする“筋活”ツール(上)

更新日:2018年06月27日

 「運動が苦手」「わざわざ運動しに行くのも億劫」「時間がない」。それでも健康のためには、何かしないといけないと理解はしている。そんな読者の方々に「もはや運動は自宅で手軽にできる」と思わせるほど、次々と新しい機器が登場しています。

 テレビを観ながら、家事をしながらの「ながら」トレーニングができる機器や、日々のカラダの状態を可視化できる測定機器。今回はそんな最先端家電の注目商品を「二子玉川 蔦屋家電」のコンシェルジュ、石原元気さん=下写真=にうかがいました。最初にご紹介するのは、体組成計です。

『今の自分の状態を知りたい』。そんな要望に応えるかのように、最近の体重体組成計は機能が充実したものが揃います。二子玉川 蔦屋家電は、扱う商品を、スマホを通じてデータ管理をできる最先端機種に絞っています。

 「最近の体組成計は、体の情報に加えて、スマホとの連動で毎日の運動や睡眠、食事の情報を収集。健康維持、ダイエットに繋げることができるのです。さらなる発展を遂げようとしているスマホ連動測定機器のうち、リビングに置いても違和感のないデザイン性に優れ、コストパフォーマンスも高い『オムロン』の新商品と、活動計と体組成計の両方のデータを一括管理できる『NOKIA』 の2製品をおすすめしています」(石原さん)

オムロン 体組成計 HBF-255T

 わずか4秒で測定できる体重体組成計。スマホアプリ「OMRON connect」で簡単にデータ管理可能。また、測定結果は前回のものと同時に表示されるほか、アプリでは体重、体脂肪、骨格筋率、内臓脂肪レベル、体年齢、基礎代謝量など知りたい測定データを簡単に確認、管理できます。薄くてコンパクト、ガラス天板のデザインもおしゃれ。

体重体組成計<HBF-255T>¥13,824(オムロン/二子玉川 蔦屋家電)

NOKIA 体組成計 Body Cardio/活動量計 Steel HR 36㎜


 体のデータを取得し、健康のため、また効率的にダイエットするためのWiFiBluetooth対応の体組成計。体脂肪、水分率、骨量、筋肉のほか、心臓健康チェック機能もあり。8人まで登録可能。心拍&アクティビティ・モニターのウエラブルウォッチを腕にすれば自動的に運動と睡眠サイクルを記録、心拍も計ることが可能。体組成計とウエラブルウォッチからの情報をスマホアプリが管理し、毎日の体の状態を可視化します。

Body Cardio」¥25,250(税込)「Steel HR 36㎜」¥25,250(税込)(ともにNOKIA/二子玉川 蔦屋家電)

<案内してくれた人>

石原元気さん 二子玉川 蔦屋家電 コンシェルジュ。店内にある商品すべてを把握し、的確にお客様のニーズに合ったものを案内する。作り手(メーカー側)の商品ストーリーも聞いた上でのアドバイスは素晴らしい。さまざまな要望に応える頼れるコンシェルジュ。

(取材・文 金沢由紀子)

関連記事

人生100年時代の"筋活"の関連記事

PAGE TOP