ReライフTOP特集大人のキレイ

大人の美容はアンチエイジングより「生き方を決める」こと 

ヘア・メイクアップアーティスト 藤原美智子さんインタビュー(上)

更新日:2019年05月29日

 ヘア・メイクアップアーティストとして、日本の美容界をリードしてきた藤原美智子さん。5060代女性の「きれい」について、「手をかければすぐ変わることができるから楽しい」と言います。年齢にとらわれない人が増えている今、プロの視点から、バランスよく年を重ねるためのヒントを語ってくれました。

銀座を歩く人の装いが変わった

 今は日本女性全体が若くなっていますよね。昔は「50代ならこんな顔」「60代ならこんな服」と、みんなが頭に描くイメージがあったと思いますが、そんなふうに決めつけるのは失礼ですし、個人によって見た目も嗜好(しこう)もバラバラ。話していても話題が若くて、年齢を聞いて「本当に?」と驚くような方もたくさんいます。

 東日本大震災後に、銀座を歩いているマダムたちの装いが、「スーツにヒールのある靴」から「カジュアルな服にスニーカー」に変わったと思います。その時はまだぎこちなかったのですが、数年のうちにメイクやヘアスタイルもカジュアルスタイルが板についてきた。50代以上の世代もカジュアルなおしゃれの楽しさに目覚め、似合うようになったんです。

 バブルの頃って「イタリアのマダムに学ぼう」とか「ヨーロッパのエレガンスを身につけよう」と欧米スタイルを教科書にしていたでしょう? でもやっぱり日本人には日本人に合うスタイルがあるんですよね。ゴージャスよりも繊細さとかかわいさのほうがしっくりくる。私は、そういう若々しいスタイルのほうが日本人の良さが出ていいな、と思っています。今、やっと本来の良さを無理なく出していけるようになったのではないでしょうか。

大人こそ美容は楽しい、10年後のためにも

 5060代の中には、いつまでも若い頃と同じメイクで自分の変化に気づかない人もいます。例えば、若い時にナチュラル系で素朴でかわいいと言われていた人。でも、50代、60代になったら、自然のままで無造作なかわいさは演出できません。逆に、昔のキャリアウーマン風で頑張り過ぎのメイクをそのまま続けている人もいます。足した方がよい人と引いた方がよい人がいるのです。

 また、周りからどんなに「若いわね」と言われている人でも、手入れをしていないと、いつのまにか肌の老化が川の流れのように進んでしまいます。スキンケアを「面倒くさい」と思っていてはもったいない! 若い時と違って、ちょっと手間をかけるだけで目に見えて効果が表れるんです。私は、大人こそ、美容を楽しめる世代だと思っています。

 同世代の誰かと比べても仕方ない。ましてや若い人と比べたらキリがない。鏡を見て「あれっ?」と思ったら、体を整えて、昨日の自分よりよくなる努力をしましょう。私は、週に1回のバレエのレッスン直後は肌がツヤツヤになるんです。全身を動かすことが顔の若さに直結していることが実感できて、面白いな〜って自分で感心しています(笑)。

「なりたい方向」を言葉にし、プロの力を借りる

 その上で、「10年後にどういう自分でありたいか」の目標も持っておくべきです。「白い肌で清楚(せいそ)な感じを保ちたい」とか、「太陽の下で健康的でいたい」とか。イメージを固めておくことで、毎日の生き方が選べるようになる。どんな場所で過ごすか、どんな服を着るか、どんなメイクを選ぶか。生き方と美容は、大人になればなるほど、リンクしていくんです。

 なりたいイメージを持つために、キーワードを決めるのもひとつの方法です。「柔らかい」とか「シャープ」とか。「明るい」「華やか」もいいですね。私の場合は「かっこいい」という言葉が響くんです。以前、講演の前にドキドキして、「なぜドキドキするんだろう。いつもの自分より、よく見せようとしているからだわ。それってかっこ悪いことじゃない?」と思ったら、すっとドキドキが収まったんです。

 それからは「かっこいい?」と自問するのが私のおまじない。皆さんも、それぞれキーワードを決めると、ヘアスタイルやメイク、洋服を選ぶ時の指針になるのではないでしょうか。たとえば、美容室で「短く」とか「何色で」と注文をつけるのではなく、「ふわっと柔らかなイメージにしたい」と「なりたい方向性」を伝えたほうが、プロはその力を発揮してくれます。私がメイクするときも、「なりたいイメージ」を聞くんですね。イメージってプロにとっては抽象的なことではなく、具体的なものなんです。

(文・宝子山志野、写真・伊吹徹)

藤原美智子(ふじわら・みちこ)

ラ・ドンナ主宰。ヘア・メイクアップアーティスト、ライフスタイルデザイナー。雑誌、広告撮影のヘアメイクで活躍し、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等、幅広く活動している。栄養コンサルタントの資格を持ち、食や健康、生き方なども提案。近著に『LIFE IS BEAUTY−美しく幸せに生きるための逆算思考』。

大人のキレイの関連記事

PAGE TOP