ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

ナチュラルスタイルに一工夫 すっきりした大人カジュアルに 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2018年01月26日

 統一感のあるコーディネートを目指すには、着方も一工夫が必要。スタイリスト石田純子さんはナチュラルファッションを好む女性に、色味をアレンジした新たな装いを提案しました。

★ きょうのファッションポイントは?
 あまり流行にとらわれない、ナチュラルなスタイルが好きです。自転車に乗っているため、普段はジーンズが多いのですが、今日は我慢してスカートを着てきました。ほかの人へのアドバイスも参考に、自分に似合うスタイルを探したいです。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 ボルドーのニットに、ボルドーが入ったジャカードのスカート。色が統一されてすてきです。ここまで色をそろえるならば、靴もえんじ色にしてみるのも一案です。あとは着方ですね。スカートの前が少し上がっているのが気になります。前が上がっているとバランスも悪く、おなかが出て見えます。着たら最後に必ず前を下げましょう。せっかく色合わせが計算されているのに、着方で野暮ったく見えるともったいないですよ。

 ネックレスやブローチなどのアクセサリーはつけていらっしゃらず、シンプルなスタイルになってしまっていますが、目線が上にいくようにすると印象が変わると思います。たとえば左胸にボリュームのあるブローチをつけてみてはいかがでしょうか。胸元にポイントをもってくることで目線が上にあがり、バランスがよく見えます。そんな工夫ができると、よりおしゃれに見えると思いますよ。

 ボルドーのスカートとニットも間違いではありませんが、落ち着いて見えるので、もうひと味何かがほしい。そこで、セーターと白のラインが入ったカシミヤのコート、ベレー帽を選んでみました。このセーターは、正面は白ですが、腕にベージュ、背面に茶色の切り替えが入っていますので、コートを脱いでもかわいく着られます。足元には、茶色の編み上げブーツをあわせました。すっきり大人のカジュアルな感じになったのではないかと思います。ショートカットとのバランスもよく、とてもお似合いです。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 昔は細身だったんですけど、年を取ってから体型の変化が気になるようになりました。お店で「いいな」と思った服も、ここ数年では身につけてみると違う感じになってしまって……。日中は介護関係の職に就いていますが、合間にヨガやテニスに行ったり、毎日体重計に乗ったりして、体型維持の努力は欠かさないようにしています。

 普段はナチュラルな服装が好きで、優しい色味のトップスにジーンズという格好が多いんです。流行はさりげなく取り入れるようにしています。今日は「色は統一されているが、着方を変えた方がいい」という石田先生からのアドバイスで、白のコートとセーター、茶の編み上げブーツというスタイルに挑戦しました。普段のスタイルとも違和感がなく、それでいて着方やあわせ方が新鮮でしたね。

 おしゃれは、明るく生きていくことを支えてくれるもの。おしゃれのない人生は、やっぱりさみしいですよね。年を取っても自然体のまま、可愛いおばあちゃんでいたいです。


熊澤 伸枝さん 56歳 埼玉県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
慣れない分、撮影は緊張しました。どこを見たらいいのかわからなかったのと、笑顔をつくるのも大変で。カメラを見ちゃうと、やっぱり固くなっちゃいますね。
趣味はありますか?
テニス、ヨガ、登山、手芸(タティングレース)
人生100年時代、100歳の自分はどうありたい? 不安はありますか?
自分の足で歩けるかわいいおばあちゃん。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
市毛良枝さん。飾らず自然体で笑顔がステキ。登山愛好家としても共感しています。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、シリーズの一覧記事をご確認いただけます。 石田純子さんのインタビュー「『おしゃれ』は小さいことの積み重ね」も合わせてお読みください。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP