ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

柄モノは大胆に、強弱をつける 「着られない服」はない 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2018年11月23日

 柄物を取り入れるのが苦手な方は意外と多いのではないでしょうか。でも「遠慮せずに、大胆に着こなして」とスタイリストの石田純子さんは言います。どんな洋服でも「似合う服」に変えるテクニックとは?

★ きょうのファッションポイントは?
 普段の着慣れた服装で、体形をカバーしつつ細見えするスタイルを選びました。柄物を取り入れるのが苦手で、どうしても自分目線でしか服選びができないので、プロの目で見てもらえることを期待しています。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 普段は柄物を着ないということだったので、トップスに光沢のある柄のジャケットを選びました。今年人気のラインデニムと合わせてカジュアルに着崩すコーディネートです。大きな柄を取り入れる場合は、丈が短いものを選ぶのがポイント。遠慮せずに、でも大胆に、強弱をつけて着こなしていきましょう。

 エレガントな印象にする場合は、デニムの代わりに黒のロングスカートを。一気に印象が変わります。 ワイドパンツには、短めのトップスを選ぶとバランスが良く見えます。苦手意識のある服でも、丈やボリュームを工夫すると解決できます。基本的に「着られない洋服はない」と思ってくださいね。

  今回は、薄手で長いブルーのストールをアクセントとして取り入れています。これを黒のストールに変えると、かっこいい印象に。また、ストールをアシンメトリーに巻くことで、表情がつき、面白さが出るのでおすすめです。今回の巻き方は「ミラノ巻きの変形」。ミラノ巻きは風が吹いても安定しますし、コートの中にうまく収まる巻き方です。私の本でも紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 おしゃれとは、人生の楽しみです。おしゃれをすると、気分が上がります。今日の写真撮影はとても楽しかったですし、大人の「おしゃれ」のヒントをたくさん教えてもらえて良かったです。特に、ストールの巻き方や、足元に気を配る点など、ためになる情報でした。

 普段は柄のものを着ないのですが、選んでもらったジャケットは自分の好みからかけ離れている感じは全くなく、生地感もさらりとしてとても着やすいので気に入っています。生地がとても軽いですね。


吉井 香織さん 56歳 愛知県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 柄物を選んでもらったのはとても参考になりましたが、全体的に普段のチョイスとそんなに大きく変化しなかったので。
趣味はありますか?
クラシックのコンサートに行くこと、海外旅行に行くこと
これからやってみたいことはありますか?
英語、イタリア語の勉強、フォルマシオン・ミュジカル
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
RIKACOさん。いくつになっても生き生きとしていて、ファッショナブルなので。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP