ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

スカート風パンツが今年らしさ ロゴのTシャツが決め手 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2018年11月09日

 着たいものをなんとなく合わせてしまうコーディネートは、決め手になるものがなくぼやけたファッションになりがち。その日の自分をどう見せたいか、方向性を決めるとアイテムを合わせやすくなると、スタイリストの石田純子さんは話します。

★ きょうのファッションポイントは?
 動きやすいパンツスタイルが好きなので、今日は白の細身のパンツを選びました。以前は黒、茶、ベージュを中心に着ていましたが、友達に明るい色を勧められたことがきっかけで、パステルカラーも着るようになり、今日は大好きなイエローをトップスに合わせています。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 その日のファッションを決めるとき、なんとなくのコーディネートではなく、どんな自分で過ごしたいかを考え、着るものの優先順位をつけていきます。最初にその日、着たいものを選んだ後、2番目に選ぶ吹くが全体の方向性を決めます。

 上原さんには鮮やかなロイヤルブルーで、ボンディング素材の軽いブルゾンをまず選びました。次に無地ばかりにならないよう黒い文字が入ったTシャツ。これが方向性を決めることになりますので、ボトムはロゴに合わせて黒のワイドパンツを選び、そしてスカーフ、ベレー帽で若々しい印象を出しました。 

 スカートのように見えて実はパンツというデザインは今年らしさが感じられます。ワイドパンツなので、トップスはボリュームを抑えてバランスがまとまるよう、ブルゾンの左右にあるひもを絞って調整しています。
 靴は黒だとつまらないので、白のスニーカーで、ミッドソールに黒ラインのアクセントが入ったものを合わせています。

 「恥ずかしい」っておっしゃったけれど、恥ずかしさは一瞬で慣れてしまうものですし、世間の人はそれほど見ていないから平気!って思って楽しんでくださいね。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 流行ではなく、「自分らしさ」や「女性のかわいらしさ」などを引き出すものだと思います。
 自分ではなかなか着ない、でも着てみたい服を選んでいただき、笑顔が増えている自分に気がつきました。自分が笑顔でいられる……それがおしゃれにもつながるなあと感じます。
 年齢を重ねながらおしゃれも楽しむって本当にすてきなことですね。


上原 治子さん 53歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 石田さんに選んでいただいた服を着て、撮影していただいた写真を見て、「笑顔の自分」に100点をつけました。
趣味はありますか?
歌を歌うこと。ファッション誌を見ること。映画鑑賞。カフェ巡り。
これからやってみたいことはありますか?
カフェかアパレル関係のアルバイトを始めたい。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
天海祐希さん。黒田知永子さん。自分の信念を持っている方たちで、いつもおしゃれなスタイルをしているから。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP