ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

ヒョウ柄×エレガントワンピ=大人の品とかわいいを実現 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2018年11月09日

 新しい自分を発見する機会にもなるのがファッションの面白さ。一般的に敬遠されがちなアニマル柄でも、上品な大人の女性らしさを表現できると、スタイリストの石田純子さんが教えてくれました。

★ きょうのファッションポイントは?
 毎日着慣れているDAILYの服を着てきました。ブラウスの袖にはレースのアクセントが入っています。スカートとスニーカーはカーキ色でそろえました。日常の着こなしをすてきにコーディネートできる方法を知りたいです。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 麻生さんはスタイルがよいので、あえてスカート丈の長いワンピースでスッとしたIラインをつくり出しました。模様はヒョウ柄のアレンジ。難しいと思われがちなアニマル柄は、実は大人の女性が上手に着こなせる柄。品よく着こなすのがポイントです。女性的なエレガントさのあるワンピースなので、ヒョウ柄の強さより、むしろかわいい印象になります。

 ここでパンプスを合わせるとエレガントさが強調されますが、ブーツとレザージャケットを合わせることで、甘さを引き締め、大人らしいカジュアル感が出ます。レザージャケットの袖にワンピースと同系の茶色が入っているのでバランスがとれていますね。

 服の生地感にも気を配りましょう。ファストファッションなど若い子のショップだと素材が薄っぺらく、チープに見えてしまうので、大人をターゲットにしたお店で選ぶことも大切ですよ。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 「おしゃれ=生き方・ポリシー」だと思いますが、私自身はまだ表現できていないなあと思います。今回、シルエットが縦長に見える着こなしや、ワンピースにパンプスではなくブーツを合わせるハード&ソフト感が絶妙!で、新鮮でした。「スカート丈の長さ、生地の質感を意識して、大人が着られる服を扱うショップで探してみましょう」というアドバイスが響きました。

 もう少し歳を重ねたら、『Advanced Style』に出てくるおばあちゃんのようなファッションがしてみたいです。


ローズ麻生育子さん 58歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 花丸!普段、アニマル柄を着ることはめったにないのでびっくりしましたが、すてきなコーディネートに加えて、ヘア&メイクもしていただいて、自分ではないみたいでうれしかったです。
趣味はありますか?
旅行。水泳。アフタヌーンティー
これからやってみたいことはありますか?
茶道。写真。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
岸恵子さん、草笛光子さん、吉村真理さん。Over80でもおしゃれのセンスが抜群でかっこいいですし、トークもウィットに富んでいてすてきだと思うのです。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP