ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

絶妙な丈感で魅了する 今年っぽいファーの着こなしとは 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2018年11月16日

 ファーアイテムをひとつは持っておきたいけれど、合わせ方が難しい…と考えている方は多いはず。スタイリストの石田純子さんに、今年らしいファーの着こなし術を教えてもらいました。

★ きょうのファッションポイントは?
 エレガントな素材を、ジージャンとスニーカーでカジュアルダウンしました。普段はカジュアルな服装を好んで着ていますが、今日は大人が気負わずに着られる洋服を教えていただきたいと思っています。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 今年はファーの服や小物が人気なので、ボリュームのあるボレロ風のトップスを取り入れました。ファーのトップスはこれまでにもさまざまなものが出回っていますが、今年らしいポイントは「丈感」です。

 ボリュームがあるものを少し短めの丈で着る。そしてワイドパンツと合わせる。この絶妙なバランスによって、決して派手な色使いではないにもかかわらず、全体的に若々しい雰囲気になります。
 さらに、帽子とショートブーツを合わせることで縦長のシルエットに。身長が低いと、ワイドパンツに抵抗がある方が多いですが、それは着こなしで解決できます。

 今回はパンツの色を意識して大ぶりのゴールドのネックレスを選びました。アクセサリーも大切なコーディネートの一部。意味があって選ばれたアクセサリーは、3メートル先からでも存在感を放ち、きちんと目立ちます。なんとなくで選ぶのではなく、「なぜこのアクセサリーをつけるのか」を、ぜひコーディネートの際に考えてみてください。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 おしゃれは元気になるもの。週のはじめは、明るい色で元気がでるように工夫しています。でも、自宅の近くには大型ショッピングモールしか服を買うところがないので、どうしても「よくある服」しか選べないのが悩みです。

 今回は自分では決して選ばない「黒」を着せてもらい、さらにファーやワイドパンツで今風に変身できて良かったです。全体的に自分になじんでいるのがわかるので、違和感なく着られています。印象に残ったアドバイスは、「パンツスタイルのときは姿勢も大事」ということ。姿勢をよくするだけでだいぶ若返りますね。

 背が低くてあきらめていたワイドパンツですが、トップスのボリュームを小さくすることで全体のバランスが良くなりかっこよく着こなせることを教えていただいたので、早速タンスに眠っている服を出してみようと思います。


小神野 雅子さん 59歳 茨城県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 服もメイクもすてきにしていただきました。普段かぶらない帽子に照れてしまって−10点です。
趣味はありますか?
旅行、アロマテラピー
これからやってみたいことはありますか?
クレイの勉強
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
風吹ジュンさん。柔らかで穏やかな雰囲気が好きです。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP