ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

脱・かわいい宣言 大人は「チャーミング」を目指そう 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月05日


 大人になっても「かわいい」ものにひかれる女性は少なくありません。ただ、「大人には大人のかわいいがある」とスタイリストの石田純子さんは言います。「チャーミング」という見え方が今回のポイントです。

★ きょうのファッションポイントは?
 最近購入したお気に入りのブラウスと10年近く愛用しているスカートです。ワンピースやスカートなど好きな服ばかり着てしまうので、他にどんな服が似合うのか知りたいです。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 吉原さんはピンクハウスが好きとおっしゃっていたので、花柄やフリルなどの「かわいい」ニュアンスがお好みだと思います。かわいさは素敵な要素です。ただ、大人の場合は「チャーミング」という見え方のかわいさが大事です。例えば、かわいい花模様など柄を上下で組み合わせる方がいますが、柄同士がぶつかってしまい残念な印象になることがあります。吉原さんが着ていらした服は、上下の柄の雰囲気も違っていたので、整理したほうが良いですね。

 今回は、麻素材でギャザーがたっぷり入ったボルドー色のシャツワンピースを着ていただき、色のトーンを合わせたスカーフ部分に柄をまとめました。それによって、さりげない大人のかわいさという印象が生まれます。スカーフをしない場合は、シャツのボタンの開け具合に気をつけましょう。12個ボタンを外すのは中途半端でやぼったくなってしまいます。インナーを着て、襟元を開いてVゾーンを作ると背が高く見えますし、優しいワンピースのかわいさを加減するテクニックの一つです。

 そして、靴選びもポイント。スニーカーを合わせて「脱・かわいい」、大人のチャーミングでいきましょう。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 おしゃれは大好きです。若いころ好きだったピンクハウスを、子育て中に娘とおそろいで着ることができたのは楽しい思い出になっています。「かわいい」スタイルも継続していきたいと思っていましたが、「大人はチャーミングを目指す!」という石田先生の言葉に、なるほどと思いました。「脱・かわいい」ですね。子どもの手が離れて自分に時間が取れるようになった分、仕事として5年前から始めた福祉のことをもっと追求して自分磨きをしながら、おしゃれもまだまだ楽しみたいと思っています。


吉原 奈美さん 57歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 選んでいただいた服装は、「いつもの私」という感じで違和感がなかったので、「これでいい」と太鼓判を押されたような感じがしてうれしいです。
趣味はありますか?
趣味は読書、お菓子・パン作り。好きなものは宝塚、落語、さだまさしさん。
これからやってみたいことはありますか?
海外旅行
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
吉本ばななさん。考え方と生き方がとても好きです。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

Reライフスペシャル

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP