ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

柄物トップスの着こなし術 若々しい色合わせの法則とは 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月05日


 たくさんの色が入った柄物のトップスと、ボトムの色はどう組み合わせたらいいのでしょう? スタイリストの石田純子さんに、色合わせの法則を教わりました。

★ きょうのファッションポイントは?
 定番になっているピンクのニットを着てきました。パステルカラーやふんわり系のスタイルが好きですが、それが本当に私に似合っているのかどうかわかりません。反面、タイトでセクシーな装いにもあこがれます。プロによる客観的なアドバイスをいただきたいと思います。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 「タイトでセクシー」なスタイルにもあこがれるという牛山さん。でも、女性らしいセクシーさは、タイトなスタイルではなく、優しいやわらかいスタイルでも表現できるものです。ほっそりとした方なので、やわらかなラインが女性らしいマキシスカートをセレクト。赤とピンクの組み合わせが今年らしい、柄物のカーディガンと組み合わせました。

 カーディガンは、丈の短さがポイント。マキシスカートと合わせる場合は、トップスはきちんとボタンを留めて「Xライン」を作った方が、全身のバランスが引き締まって、女性らしさが演出できます。ギャザーがたっぷり入ったくるぶし丈のマキシスカートは、歩くたびにきれいに揺れるラインが出て、軽やかな女性らしさを見せます。短い丈のトップスとマキシスカートを組み合わせることで、足が長く見えてスタイルを良く見せる効果もありますよ。足元は、パンプスではなくて、あえて黒の厚底スニーカーと黒のソックス。座ったときにちらっと見える黒ラメのソックスで、大人の抜け感を出します。

 トップスの柄には、赤・ピンク・パープル・白・黒とたくさんの色が入っているので、ボトムの色選びには法則があります。柄の中で一番分量の多い色をボトムに選ぶと、無難で落ちついた感じに。一番分量の少ない色をボトムに持ってくると、若々しく見えます。このカーディガンの場合は、一番分量の少ない黒をスカートの色に選んで、トップスの柄を引き立たせました。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 私にとって「おしゃれ」とは、人生を輝かせるもの。3年前に離婚を経験し、子どもや頼れる親族がいなかったので、「おしゃれどころじゃない!」と、老後のための節約生活に突入しました。「他人にどう見えたって、この年ではもう関係ないし」と、人生をほとんどあきらめた気分で、一枚の洋服も買わずに過ごした丸2年間。それが、たまたま入ったデパートで時間つぶしに流行のニットとスカートを試着したところ、途端に姿勢や気分がガラッと変わりました。やはり女性はおしゃれをすることで、イキイキするんだと気付きました。老後は貯金だけがあればいいんじゃない、おしゃれして気持ち良く暮らせば、健康で若々しくいられるはず。人生を輝かせるおしゃれは、いわば心と体のサプリでした。以来、「おしゃれはアンチエイジングの一環」と思って楽しんでいます。


牛山 裕美子さん 59歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 自分ではおそらく選ばないコーディネートでしたが、大人カワイイ感じがとっても気に入りました。「おしゃれな人」になったようで、気持ちもウキウキしてきました。
趣味はありますか?
美術や舞台鑑賞、読書、旅行
これからやってみたいことはありますか?
初恋みたいに恋したい
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
お手本にしたい人はいないのですが、強いて言えばこの「Reライフプロジェクト」に参加させていただいたこと。人生、どこにでも扉があるんだなと気付きました。参加を機に、いろいろな扉をどんどん開けていきたいです。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP