ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

大人のデニム選び、甘辛バランスで若々しいスタイルを 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月12日


 カジュアルなデニムも上手に取り入れることで、大人の女性らしい品の良い若々しさが生まれます。スタイリストの石田純子さんがその甘辛バランスを指南します。

★ きょうのファッションポイントは?
 今日は好きなブルー系でコーディネートし、自作のアクセサリーを身につけて来ました。きちんとした感じで、上品な優しい印象を与える服装が好きです。ただ年齢を重ねるごとに、「好きな服=似合う服」ではなくなってきている気がします。今の自分に似合うスタイルを見つけられたらうれしいです。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 大人の女性らしく、かつ若々しさを取り入れました。例えば、デニムのジャケットは縁や裾を切りっぱなしにしたカットオフですが、キラキラ光る飾りが施してあり、カジュアルでもきれいに見えますよね。素材感が軽やかなシワ加工のロングスカートは、グリーンとブルーの縦ライン柄でスタイルがよく見えます。カジュアルさとエレガントさが共存する、このような服の合わせ方はかっこよく映るものです。この場合はスカートだからといってヒールではなく、足元にボリュームを出すデザインの靴で全身のバランスをとりましょう。

  また、最後に選んだ黒のネックレスはTシャツの黒い柄と合わせたことで全体を締めるポイントになっています。ネックレスを外すとカジュアル感が強くなりますが、少し寂しい印象になることも。大人らしさを含ませるか、カジュアル寄りにするか、最後に決めた小物がその日のスタイルの方向を決めることも覚えておいてください。アクセサリーを身につける時でも、バランスがちぐはぐにならないように、必ず全身鏡の前で確認してくださいね。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 「気分を変えてくれるアイテム」です。おしゃれをするとスイッチが入る感じ!公務員時代は仕事柄、地味なスーツが多かったのですが、退職後に色や柄ものにチャレンジしたら気持ちも明るくなった体験があります。キラキラするものもテンションを上げてくれますね。

 次のライフステージになったので、地域の人たちとボランティア活動をしたり、コーラスに参加したりと、仲間と一緒に過ごすことが増えました。周りに生き生きした人がいるとこちらも気持ちが前向きになります。私自身も生き生きていたいので、おしゃれを含めてもっといろいろなことにチャレンジしようと思います。


豊田 富士子さん 56歳 神奈川県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 自分では選ばないスタイルでしたが、参加された他の方たちから「とても似合っている」と好評価をいただきました。厚底の靴も初体験。大人でも履いていいんですね!「カジュアルでもおしゃれ」というスタイルが気に入りました。
趣味はありますか?
アクセサリー作り、コーラス
これからやってみたいことはありますか?
着物、英会話

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP