ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

年を重ねてからの細身ファッションに落とし穴 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月19日


 細い人が選ぶ細身スタイル、年齢を重ねると逆効果になるケースの一つです。スタイリストの石田純子さんが、老けて見えないコツを教えてくれます。

★ きょうのファッションポイントは?
 グリーン系のカットソーに細身のパンツを組み合わせた、シンプルなスタイルです。自分に似合うファッションを見つけたいと、以前「お買い物同行」というコーディネートサービスを体験したら、若ぶった「痛い」ファッションになってしまいました。

おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 泉さんは背が高いので、パンツスタイルを選びました。ワイドタイプのパンツに、ややゆとりのあるジャケットを合わせ、軽やかに着こなすファッションです。色はトレンドのベージュでまとめ、シックな雰囲気に。

 ですが、襟もとにストライプ柄とブルーが入っていることや光沢感と張りのある素材を選んでいるので、老けて見えません。ベージュとブルーは相性の良い色合わせです。ジャケットの裾についているフリルは、アクセントだけでなくおしりをカバーする利点もあります。取り外しができますが、今回はそのままにして大人の甘さを加えています。

 実は泉さんは、このジャケットが「自分に大きすぎる」と抵抗されていたんですね。細い人が細めのスタイルでまとめると古臭い印象なりますし、年齢を重ねてからの細さは貧相に映ってしまいます。なので、少しゆったりしたものを着るほうが、バランスが豊かに見えるものなのです。

 最後に、サイドがシースルーデザインの厚底スニーカーを合わせ、エレガントでかっこいいスタイルの出来上がりです。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 内面、外見ともにキラッと輝いている人がおしゃれだと思います。ある集いで、「いちいち考えるより、直感を信じて行動するほうが人生を楽しくする」と年配の方がおっしゃった言葉が響き、できるだけ行動するようにしています。

 40代後半に、娘から「おばさん化しているよ」と言われたことがショックで、勇気を振り絞ってメイクを習いに行きました。こんな風に変われるんだと実感しましたが、50代に入って服選びは惑うばかり。今日選んでいただいたスタイルは、「自分の知らない自分」を見た体験になりました。


泉 久美子さん 53歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 自分では素材も型も絶対に選ばない服なので、なかなか慣れない感じでしたがいい体験でした。また、このような撮影をしたことがないので、うれしはずかしという思いからの点数です。カメラを向けられて笑顔になるって、思ったより難しいですね。
趣味はありますか?
趣味は和菓子作り、お花
これからやってみたいことはありますか?
ボランティア
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
真矢みきさん
年齢的にも近いので。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

Reライフスペシャル

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP