ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

春夏のキレイ色の着こなし 大胆な組み合わせに挑戦を 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月19日


 春夏は、華やかな色を身にまといたい気分になりますね。スタイリストの石田純子さんが、明るい色へのチャレンジ方法をアドバイスしてくれました。

★ きょうのファッションポイントは?
 働いているので、基本は無難な黒・紺・グレーが中心。その分インナーを明るい色にするのが、私のふだんのスタイルです。

おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 「これまでにない自分を見いだしたい」という中島さんには、イエローグリーンのシャツブラウスとコバルトブルーのアンクルパンツという、かなり強い色をぶつけてみました。まさに、「色を着る」というイメージですね。

 透け感のあるシャツブラウスは、裾に動きがあってヒップを隠してくれる着丈。ランダムにスリットが入っているので、長くても軽やかです。襟元のネックレスは、商品のプライスタグ(タグピン) をアレンジした軽やかなコンテンポラリージュエリーです。くるぶしを見せるアンクルパンツ、素足で履いた白いスニーカーというバランスが、女性らしいきゃしゃな足首を印象付けます。

 アンクルパンツの色は、白やグレーにすると普通過ぎるので、ここまでチャレンジしていただきたいですね。「なかなかこんな色の組み合わせの服はないですね」と驚かれますが、実はご自分が気がつかなかっただけ。若々しく見えるキレイな色にチャレンジしてみましょう。このスタイルは、きっと外を歩いたらみんなが振り返るはず。おしゃれを楽しむ上級者編の組み合わせです。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 還暦を過ぎてから「若く見える着こなし」と「年相応のすてきな着こなし」の2方向で路線が決まらず、いつも迷っていました。今回、その2つのはざまの方向性を見つけたような気がしました。自己満足ではなく、すれ違った人が「あ、カッコイイ!」と振り返るくらいに他人の目をひきつけるのが、おしゃれなんだなと改めて感じました。


中島 きょう子さん 62歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 自分では絶対に選ばないイエローグリーンとブルーの組み合わせで、最初は驚きました。皆さんから口々に「似合いますね」と言われて、新しい自分に出会った気分です。ふだん履かないアンクルパンツに、素足でスニーカーというのも心地よかったですね。
趣味はありますか?
旅行(海外は現在ちょうど60カ国訪問)、映画
これからやってみたいことはありますか?
ReライフPROJECT」のような募集型イベントへの参加。最近では、「Reライフ」の試写会&意見交換会、工場見学、東京弁護士会市民メンバー交流会に参加しました。視野を広めるために、これからもどんどん参加して、いろいろなことを吸収したいです。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
デヴィ夫人。79歳で、いまだにいろいろなことに挑戦して、いつも若々しくはつらつとしているところ。彼女のファッションは私には無理ですが、生き方としてお手本にしたいです。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

Reライフスペシャル

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP