ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

大人のプリーツスカート選び、派手なアコーディオンで 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年04月26日


 スタイリストの石田純子さんが、派手な柄のアコーディオンプリーツスカートを印象的に着こなすテクニックを教えてくれました。

★ きょうのファッションポイントは?
 着慣れたワンピースに、先日購入したイタリアのスカーフを合わせてみました。派手でもなく地味でもなく、全体的にすっきりと見えるコーディネートをいつも心がけているつもりです。

おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 最近人気のあるアコーディオン・プリーツスカートを、ベージュのジャケット、シンプルなタートルネック、黒タイツ、パンプスで合わせました。

 プリーツスカートは立体感があり、動くとさらに表情が出るので、大人の女性におすすめのアイテムです。スカート単体で見ると少し派手に感じるかもしれませんが、実際に着てみると意外と気になりません。面白いことに、私のお店では、派手な柄からどんどんなくなっていきます。ロングコートやカーディガンの中からチラッと見せたり、黒のレザージャケットと合わせたり一年中着こなしが楽しめます。

 小柄な方はぴったりとしたタイトなトップスを合わせ、Xラインをつくると上手に着られます。今回は、トップスをシンプルな色と形にし、スカートに色味を集中させることで、よりスカートが印象的に見えるコーディネートにしています。

 また、ロングスカートをはくと、ついパンプスとナチュラルストッキングを合わせてしまう人がいますが、これは卒業したい着まわし。古臭い印象になってしまうので注意してください。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 私のおしゃれの転機は、70kgから減量していろいろなファッションを楽しめるようになった20年前。京急百貨店がオープンしたときミセスモデルに選ばれて、高級なブランドスーツに身を包んだときの快感は今でも忘れられません。

 昔、体が大きかったころは、さらに体形が大きく見えるのを嫌い、ワイドのロングスカートは敬遠していました。でも今日ロングスカートを選んでいただき、ちゃんと似合うことを実感。やはり、おしゃれはトータルで見せるものなのですね。自分に似合うファッションをプロの方に客観的に見てもらえてうれしかったです。

 「好きなものと似合うものは違う。」これも今日の教訓です。普段はトップスもボトムスも色味のあるものを合わせていましたが、今日トップスで着せてもらったようなシンプルなアイテムも取り入れてみようと思いました。

 おしゃれとは、ファッションのみならず、姿勢、振る舞い、後ろ姿、歩き方、すべてですね。クローゼットで眠っている「捨てられない洋服」たちも、自分らしくコーディネートできるかしら。


立花 啓子さん 65歳 神奈川県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 好きなコーディネートだったのですが、大きめのアクセサリーもつけてみたかったです。
趣味はありますか?
コンサート・ライブ鑑賞
これからやってみたいことはありますか?
自分だけの家を持って、昔の仲間とシアター会を開催したいです。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
大地真央さん
宝塚出身のオーラがあり、三枚目の役を実演すると抜群。信じがたい年齢に憧れる、日本で一番きれいな女優さんだと思います。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP