ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

同じジーパン姿も見違える 遊び心とオシャレのコツ 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年05月10日

 自分のファッションをわかっている人ほど、無難なスタイルになりがち。スタイリストの石田純子さんが小粋なくずし方を教えてくれます。

★ きょうのファッションポイントは?
 いつもの私らしいパンツスタイルで来ました。小柄なので下半身にボリュームがある服が着られません。以前はワンピースやタイトのミニスカートを愛用していましたが年齢的に似合わなくなってきた気がしています。華やかで上品なヨーロッパマダムのようなスタイルに憧れています。

おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 落海さんは、「自分が何を着るか」というご自身のファッションスタイルを持っていらっしゃる方ですから、くずし方が難しいかもしれません。

 小柄で下半身にボリュームがあるものが着られないとおっしゃっていますが、今日着ていらした、体にぴったりしたジーンズだと遊び心のないスタイルに見えてしまいます。少しボリュームあるジーンズをロールアップして、白の厚底スニーカーを合わせるとちょっとしたおしゃれ感が出ていいですね。

 トップスには、無地とストライプの切り替えや、赤の刺繡(ししゅう)がアクセントになっているロングブラウスを選びました。背が低めの方は、かわいい服だと子どもっぽく見えてしまいがちですが、このブラウスはそうは映りません。ビビッドな赤のコートをさらっと羽織ると、華やかさと大人っぽさが加わります。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 おしゃれは頭を使うことですね。コーディネートのパターンを決めないで、いろいろな組み合わせを試していきたいと思います。


落海 佳寿美さん 64歳 神奈川県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 どうしても恥ずかしい気が残ってしまい、はじけきれなかったので…。
趣味はありますか?
テニス、マージャン、ダイビング
これからやってみたいことはありますか?
ダンス
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
自分のスタイルを持っている人。イギリスのメイ首相はいつも鮮やかな色のスーツに大ぶりのネックレスが素敵、知性的でカッコ良いと思います。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

Reライフスペシャル

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP