ReライフTOP特集50代から輝く100人のキレイ

背丈を生かすロングシャツ 鮮やかなイエローを効果的に 

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2019年05月10日

 いまの年齢の自分には何が似合うのでしょう? 体形をカバーしつつ、すっきり見せる方法とは? スタイリストの石田純子さんは、全身のバランスを整えて、自分の長所をアピールすることがベストな方法とアドバイスします。

★ きょうのファッションポイントは?
 春なので、暗めではなく、明るいピンク色をチョイスしました。あまりカチッとしていないラフな服が好きです。

おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 江村さんは身長が高いので、ビビッドなイエローのロングシャツと黒のワイドパンツで、パッと映えるスタイリングにしました。ブラックボタンがアクセントのイエローシャツは、表情のある裾のデザインが、Iラインのスタイルに軽やかな印象を与えます。下に着たラメ入りのロゴTシャツは、裾を部分タックインして斜めラインに。実はこれ、おなかを隠すのに効果的なのです。

 Iラインのスタイリングのときに、じゃらじゃら系ロングアクセサリーを着けるのはNG。老けて見えます。着けるなら、アート系のネックレスがオススメ。でも、全身のバランスで考えると、小さな襟元のシャツデザインを目立たせたかったので、ネックレスではなく、イエローと黒のモダンなイヤリングを合わせました。ロングシャツだからイエローの分量が多めですが、江村さんの背丈ならすっきり格好よくモダンに見えます。

 「おばさんっぽくない着こなしを習得したい」という江村さん。ひざ丈のスカート、肌色のストッキング、ゴールド系のじゃらじゃらアクセサリーは老けて見えるのでやめましょう。アクセサリーも、とりあえず着けるのではなく、計算して身に着けることが大切です。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 おしゃれとは、自分を表現するひとつです。まわりの人から「すてきな洋服ですね」「おしゃれですね」といわれるとテンションが上がります。ファッションが決まると、一日うまくいく気分。石田先生のアドバイス通り、おばさんっぽく見えるひざ丈のスカートは、今日限り捨てます。ナチュラルストッキングもはきません。


江村 千明さん 56歳 東京都
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?
 こんな分量のビビッドな色は、いままで着たことがありませんでした。春らしくて最高! 色の合わせ方、アクセサリーの選び方、全身のバランスの取り方など、とても参考になりました。マイナス5点は自分の体形です。服に似合う体にシェイプしなければ!
趣味はありますか?
ZUMBA(ズンバ)、ゴスペル
これからやってみたいことはありますか?
いまは和太鼓とドラムをやってみたいです。英会話が習得できたら1人で海外へ行きたいですね。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
岡江久美子さん。
60歳過ぎても、はつらつとして、若々しく生きている女性だと感じます。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、一覧記事をご確認いただけます。

石田 純子(いしだ・じゅんこ) スタイリスト。ファッション誌編集者を経て独立。女性誌のファッションページやテレビなどのスタイリングを手がけ、女優やアナウンサーも数多く担当する。「大人の着こなしバイブル」など著作も多数。一般向けの着こなし講座は人気で、「アクセサリーひとつ変えただけで、雰囲気がガラリと変わった」などと好評。持論は「その年齢に合うすてきさが着こなしに出ることが、本当のおしゃれ」。

Reライフスペシャル

関連記事

50代から輝く100人のキレイの関連記事

PAGE TOP