2005年04月09日19時02分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:東京・国立科学博物館で7月3日まで 混雑情報・グッズはこちら

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

がん転移防止、大地震予知…科学者2700人が未来予測

2005年04月09日

写真

××年後の未来は…

 20年後には、がんの転移を防ぎ、マグニチュード(M)7以上の地震が予知できる?……。文部科学省が、第一線の専門家約2700人に科学技術の未来像を尋ね、結果をまとめた。15年後ごろには、HIV(エイズウイルス)感染症やアトピー性皮膚炎の根治療法が普及すると予測された。結果は、国の科学技術政策の基本方針となる「第3期科学技術基本計画」に反映させる。

 文科省・科学技術政策研究所が昨秋と今年2月、大学や企業、独立行政法人などの研究者約4220人(回答率63%)にアンケート。860のテーマで、技術が開発され、社会に普及する時期を予測してもらった。

 その結果、「不妊症の撲滅」は平均で15年後、「アルツハイマー(認知症)の根治療法」は20年後などと予測された。

 科学者たちの予測通りなら、15年後には「時速500キロのリニアモーターカーの商業運転」や「交通事故を未然に防ぐ自動操縦装置付き自動車」も実現しそうだ。「目的地を入力すると自動運転で到着できるシステム」は20年後の実現だ。

 家庭の光景も一変しそうだ。10年内には「家庭内で有線配線が不要になる」、15年後には「庭の手入れや病人介護、家事をするロボット」「兄弟姉妹や友達づきあいを疑似体験できるロボット」「専用のメガネもなく、疲れず視聴できる立体テレビ」が登場しそうだ。

 その一方で、「日本独自の宇宙船」は25年後、「有人月面基地」は30年後とされた。

 調査は71年から、5年に1回のペースで実施されている。



ここから広告です 広告終わり

関連情報

    ここから検索メニュー

    検索 使い方

    検索メニュー終わり

    朝日新聞サービス

    ここから広告です
    広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
    サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.