SDGs ACTION!
ガラスの天井に挑む~女性首相への道

女性の声は女性議員にこそ届く

女性の声は女性議員にこそ届く
撮影・仙波理
自民党衆院議員/稲田朋美さん

自民党の政調会長や防衛相を歴任した稲田朋美衆院議員は、最近、党内の女性議員たちと連携して各種の政策実現に取り組んでいる。女性の声は女性議員にこそ届きやすいと実感するからだ。夜の飲み会の席で重要な物事が決まっていくような政治文化にも違和感があるという。秋の自民党総裁選では、断念はしたもののいったんは立候補の意思を表明した稲田さん。オープンに政策議論を戦わせるような総裁選が実現してこそ、女性首相が誕生する時が来ると語る。(聞き手・秋山訓子)

——米国では女性の副大統領候補、欧州では女性首相、アジアでも女性の大統領や総統が出るなか、日本では女性の政治進出がなかなか進みません。この状況をどうご覧になりますか。

「日本は世界の基準から外れていると思います。ジェンダーギャップ指数を見ても、健康と教育は最高レベルなのに政治参画が限りなくゼロに近い。この状況がおかしい、という感覚が日本人にないのではないでしょうか。政治は男性がやるもの、という意識が強いと思います。たとえば、私の地元は福井県で、保守王国と言われています。私が地元でミニ集会を開いても、聴衆はほとんど男性です。女性は何をしているかというと、そこで出すお料理の準備をしたりしていて。これはおかしいと思うので、『来年の新年会は逆にして、男性がお料理をして女性が話を聞くようにしよう』と言ったんです」

女性を一人前に見ない政治

——そういう、政治は男性がやるものという意識を永田町で感じることもありますか。

「たとえば、『寡婦(夫)控除』という制度があります。夫(妻)と死別したり、離婚したりした一人親が税控除を受けられるのですが、未婚の一人親には適用されていませんでした。それはおかしい、未婚でも適用すべきだ、と昨年党の女性議員たちで声を上げました。党の税制調査会の場で女性が10人近く発言しても、税調幹部に『サイレントマジョリティーは違う(意見)』『税は感情ではない』などと言われました。女性は一人前に見られていないと感じます。そもそもそうやって女性議員が集まるだけで、『党内野党』とか『左翼になった』などと言われたこともありました(笑)。いろんな声を政治の場に届けるのが国会議員の役割なのに、なぜそんなことを言われるのか、理解できません」

——旧姓を使用し続けられるよう、法制度を変えようという活動を始められたとか。

「婚前氏(旧姓)続称制度、と言っています。私自身は結婚して姓を変えていますが、変えても変えなくてもいいようにできればいいと思います。通称使用では限界がある、パスポートの名前と普段使っている名前が違うために海外で不都合があったなどの女性からの声を実際にいろいろと聞きます。ところが男性議員は、そんな声を聞いたことなんてない、誰も困っていないと言うんですね。だから、『それは家族解体の運動論だ』とか、イデオロギー論争みたいになってしまう。そうではなくて、私は実際に困っている人を助けたいと思っています。どうすれば、イデオロギー論争から脱却して、より良い社会を作れるか、多くの人に賛同してもらえるのかと、今あれこれ考えている最中です」

撮影・仙波理
シングルマザーの切実な声

——そんなふうに女性からの声が政治に届いていないと感じることは他にもありますか。

「はい。たとえばシングルマザーが日々の暮らしで困っている切実な声が政治の議論の場になかなか届かない。今までは主に公明党や野党が聞いてきたけれども、自民党は実現力があるし、ぜひ頼りにしてほしいと思います。そのとき、やはり女性議員のほうが女性の声を拾いやすいし、届きやすい。相手も言いやすいのではと思います」

——SDGsについて他に関心をお持ちのテーマはありますか。

「貧困、特に子どもやシングルマザーの貧困です。日本の一人親家庭の相対的貧困率は非常に高く、これで先進国と言えるのでしょうか。子ども宅食議連を今年設立して会長になりました。食事や見守りのサービスを国の事業として家庭に届けられるよう、議員の立場から後押ししています」

——女性議員を増やすために、クオータ制を採用すべきだと考えますか。

「私は採用すべきだと思っています。他国は2000年ごろから政策としてクオータ制を採用し、女性議員の数が伸びています。ただ、日本でやる場合、選挙制度を改革し、小選挙区と比例代表を分けた上で行う必要があると思います。今の小選挙区比例代表並立制で、小選挙区で敗れても、惜敗率の高い順に議席が決まっていくなかでは、女性議員でも反対が多く、難しいのではないでしょうか」

福井はメガネの産地。メガネ形のSDGsバッジを支持者が贈ってくれた
夜の飲み会はノー、昼間に活動

——地元の政治活動自体に女性にはハードルがありませんか。たとえば、票を開拓するために夜の飲み会に出るなど。家庭生活との両立が難しいし、セクハラの温床になると聞いたこともあります。

「私は地元では夜の飲み会には出ずに、昼間しっかり活動することにしています。片っ端から『こんにちは』と300軒訪問するのに、だいたい半日かかります。出てきてくれた有権者の方が変な顔をされたので、後でよく見たら塀に他党のポスターが貼ってあった、なんてこともあります(笑)。地盤を固めて、やりたいことを実現したいので、持続可能な形で地元の政治活動もしたい。政策を訴え、地元に感謝の気持ちを伝えるのは、飲み会に出なくてもできると思っています。街頭演説も単に演説するだけじゃなくて、目に留めてもらえるようにいろいろ考えますよ。たとえば、『箱入り娘作戦』と名付けたんですが(笑)、ポスターを箱に見立てて、その中に入って演説してみたり」

——地元の夜の飲み会に出ない国会議員はすごく少数派だと思います。永田町でも、議員が夜集まってあれこれ密談して物事を決めるような風景はまだあるのでは。

「東京では、夜の勉強会などの会合は積極的に参加し、自分でも主催しています。情報交換やネットワークを広げることは重要ですから。でも、たとえば夜、料亭に集まって、大事なことを決めていくような風潮にはものすごく違和感があります。男性社会のカルチャーで、そういうところに女性は入りにくいと思います」

戦略練り直し、総裁選に挑戦

——安倍首相の退陣に伴う先の総裁選で、稲田さんは出馬に意欲を示されました。

「私は今回、自分には総裁選に出る意欲があるということを示す良い機会だと思ったので表明しました。ただ、首相の突然の辞任で時間もないなか、派閥単位で雪崩を打つように後継が決まっていくのを見て断念しました。これから戦略を練り直し、総裁選のあり方も、国民の目に見えるところで政策やビジョンを戦わせ、その結果候補者が決まるようにすべきだと思っています。それができるようになった時、女性の首相が誕生するのではないでしょうか」

稲田朋美(いなだ・ともみ)
1959年、福井県今立町(現・越前市)生まれ。早稲田大学卒業後、弁護士に。2005年に自民党から衆院議員に初当選。以後、連続5回当選。行革相や自民党政調会長、防衛相、党幹事長代行などを歴任。家族は夫と1男1女。
Keywords
相対的貧困率

世帯の可処分所得(手取り)などをもとに、子どもを含めた一人ひとりの所得を仮に計算する。その数値を順番に並べ、真ん中の人の額の半分に満たない人の割合を、相対的貧困率と言う。厚労省によると、2018年の一人親世帯の相対的貧困率は48.1%で、国際的にみても極めて高い。

小選挙区比例代表並立制

衆院の選挙制度は、当選者が1人で、全国に289ある小選挙区と、全国を11のブロックに分けた比例代表制を組み合わせた小選挙区比例代表並立制。両方に立候補する重複立候補が可能。重複立候補した場合、小選挙区で敗れても、当選した候補者の得票に対する自分の得票の割合である「惜敗率」の高い順に比例代表で当選できる仕組みになっている。

この記事をシェア
関連記事