SDGs ACTION!

阪急、阪神、東急 「SDGsトレイン」運行中!

阪急、阪神、東急 「SDGsトレイン」運行中!
東急東横線のSDGsトレイン「美しい時代へ号」(東急グループ提供)
阪急阪神ホールディングス・東急グループ

東西の大手私鉄グループが連携し、SDGs(持続可能な開発目標)の普及を目指すラッピング列車「SDGsトレイン」を運行している。車体にSDGsをイメージしたデザインを施し、車内では17目標や目標達成に向けたメッセージを掲示している。走行にかかる電力を実質的に再生可能エネルギー100%でまかない、地球温暖化対策にも取り組む。9月上旬まで運行する予定で、乗客や地域の住民らにSDGsへの理解を広げていきたいという。(編集部・大海英史)

阪急神戸線を走るSDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」(阪急阪神ホールディングス提供)
阪急・阪神「未来のゆめ・まち号」、東急「美しい時代へ号」

関西圏が中心の阪急阪神ホールディングス(HD)と首都圏が中心の東急グループが協働して、2020年9月8日から約1年間の計画でSDGsトレインを走らせている。阪急阪神HDは「未来のゆめ・まち号」、東急グループは「美しい時代へ号」だ。それぞれ先頭車両のヘッドマークや各車両のドアステッカー、車内吊りポスターに「SDGsトレイン」の共通デザインをつけている。

車内吊りポスター(東急グループ提供)
ヘッドマーク(東急グループ提供)
ドアステッカー(東急グループ提供)
再生エネで阪急神戸線・宝塚線・京都線、阪神本線・なんば線

阪急阪神HDの「未来のゆめ・まち号」は、阪急電鉄神戸線・宝塚線・京都線と相互直通区間、阪神電車本線・阪神なんば線と相互直通区間で運行している。阪急電鉄神戸線・宝塚線では1000系、京都線では1300系車両をそれぞれ1編成(8両)、阪神電車では阪神1000系車両を1編成(6両)走らせている。

阪神電車「未来のゆめ・まち号」(阪急阪神ホールディングス提供)

最新の省エネ車両を使用しており、照明機器にLED照明を使い、高効率の制御装置やモーターを採用している。また、関西電力の「再エネECOプラン」(関西電力が日本卸電力取引所から調達した太陽光・水力・風力発電など由来の環境価値を付加した電気を使用するプラン)を使うことで、実質的に再生エネ100%で運行している。

ウマカケバクミコさんがイラストで表現
阪急電鉄「未来のゆめ・まち号」の車内(阪急阪神ホールディングス提供)

先頭と最後尾の車両のデザインは、大阪府出身のイラストレーター、ウマカケバクミコさんが人や生き物たちがより良い地域や社会を願いながら未来へ向かってパレードする様子を描き、SDGsを親しみやすく表現している。

中間の車両では、各ドアの横に、SDGsのロゴと17目標のステッカー、再生エネ100%で運行していることを示すステッカーをつけた。車両内では、つり革にSDGsの17目標の解説をするステッカーがつけてある。

阪神電車「未来のゆめ・まち号」のドア付近(阪急阪神ホールディングス提供)
SDGsの17目標の解説がついた阪急電鉄「未来のゆめ・まち号」のつり革
カーボン・オフセットの東横線・田園都市線、CO₂フリーの世田谷線
東急東横線の「美しい時代へ号」(東急グループ提供)

東急グループの「美しい時代へ号」は、東急電鉄東横線・田園都市線・世田谷線と相互直通区間で運行している。東横線は5050系4000番台を1編成(8両)、田園都市線は2020系を1編成(10両)、世田谷線は300系を1編成(2両)走らせている。

東急田園都市線の「美しい時代へ号」(東急グループ提供)

東横線と田園都市線の車両は、照明のLED化や車体の軽量化で省エネを進め、グループの新電力会社「東急パワーサプライ」のカーボン・オフセット(どんなに努力しても発生してしまうCO₂を、森林による吸収や省エネ設備への更新など、他の場所での削減分で埋め合わせること)を利用して運行する。世田谷線は、東北電力グループの「東北自然エネルギー」が持つ水力・地熱発電所の電力に由来するCO₂フリー(CO₂排出量ゼロ)の電力を使う。

「美しい時代へ号」の車内(東急グループ提供)

デザインは、SDGsの理念と東急グループが取り組んできた活動を紹介した「展覧会」のような車両にしたという。車両のラッピングは展覧会への扉という位置づけで、SDGsの17目標のカラーを使って光が反射するようなモザイク模様をデザインした。SDGsトレインが乗客とともに美しい未来へ走っていくようにという願いを込めたという。

SDGsの車内吊りポスターをつけた「美しい時代へ号」(東急グループ提供)
SDGsの17目標の車内吊りポスターを並べた「美しい時代へ号」(東急グループ提供)
東西の大手私鉄でSDGsの認知度上げる

阪急阪神HDは20年5月に「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」を出し、持続可能な社会の実現に向けてSDGsの取り組みを強化することにした。また、社会貢献活動の「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」が10周年を迎えたのを機に、19年5月から独自にSDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」を運行してきた。

阪神電車「未来のゆめ・まち号」の車内(阪急阪神ホールディングス提供)

東急グループは「美しい時代へ」というスローガンのもとで、鉄道事業を基盤とした「持続的なまちづくり」で社会課題の解決と事業成長の両立を目指している。また、公益財団法人東急財団などで様々な社会貢献活動を進めている。その一環として、阪急阪神HDのSDGsトレインの取り組みに加わり、ラッピング列車「美しい時代へ号」を運行することにした。

両グループは、阪急・阪神・東急がSDGsトレインを協働運行することでSDGsの認知度を上げ、その取り組みが社会に広がり、持続可能な未来をつくっていくきっかけにしたいという。

この記事をシェア